Cひかりはどんな人におすすめ?申し込み方法などをご紹介!

Cひかりについて調べる中で、導入を前向きに検討している人もいるでしょう。
導入するためには、開通工事を行わなければいけません。
そのため、申し込みをしてから開通するまでにどのくらいの期間がかかるのかあらかじめ知っておきたいという人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、Cひかりをおすすめしたいユーザー層やサービスを提供しているエリア、申し込み方法と申込時の注意点、工事の流れや工事方法などについて解説していきます。
Cひかりの導入を検討している人は、ぜひ目を通して観てください。

Cひかりとは?どんな人におすすめ?

Cひかりは、早さに定評があり、手厚いサポートが充実しているネット回線です。
まずは、Cひかりはどのような人におすすめなのか解説していきます。

インターネット回線に対する何らかの不満を抱えている人は多い

現在のインターネット環境に何らかの不満を感じているなら、Cひかりへの乗り換えを検討してみても良いでしょう。
ネットサーフィンをしている時に遅くなってしまう、特定の時間帯にネットが遅くなってしまう、料金体系を把握できていないといった悩みを抱えている人は少なくありません。
インターネットで動画を見たり、調べ物をしたりする時に、重くなってしまうのは不便だと感じてしまうものです。
また、毎月の利用料金をきちんと把握できておらず、何か分からないけどプラスで支払っているという人もいます。
また、使っていないのに契約時にオプションを付けられてそのままになっているという人もいるでしょう。

不満を解消したいと思っているなら…

そのような悩みを抱えている人におすすめしたいのが、Cひかりです。
Cひかりは、下りの通信速度が2Gbpsとなっているため、容量が大きいデータを送受信したり、4K動画を視聴したりするのもサクサクできます。
その理由は、独自回線を使用しているからです。
独自回線によって、時間帯によって通信速度が変動してしまうといった状況を回避できるようになっています。
また、アフターコールを活用したサポートもしっかりしているため、手続きの方法などに関する不安や疑問をその都度解消できるような体制が整っていると言えます。
利用料金に関しても、明瞭になっているため安心して利用してもらえるでしょう。

Cひかりなら社会貢献もできる

Cひかりを契約することによって、日本赤十字社への寄付ができます。
売上の一部が寄付金として日本赤十字社に送られるため、快適なネット環境を実現するだけではなく、社会貢献をできるというメリットも生まれます。

Cひかりの基本情報や提供エリアは?

Cひかりの契約を検討している場合、基本情報や提供しているエリアについて把握しておきたいものです。
続いては、基本情報や提供しているエリアについて詳しく解説していきます。

基本情報

月額基本料金…5,478円(税込)
基本工事費…4万4,000円(税込)※30ヶ月で分割して請求
契約事務手数料…3,300円※利用を開始した月に請求
契約期間…2年
契約解除料…2万2,000円(税込)※2年以内に解約した場合に発生

お得に利用できるキャンペーン

Cひかりは、お得に利用できるキャンペーンも行っています。

他社回線の違約金を負担

Cひかりの契約を結んだ場合、最大で5万円まで他社回線の違約金を負担しています。
インターネット回線を解約すると違約金が発生するケースがほとんどです。
それがネックになって解約できないというケースも少なくありません。
解約のしにくさを払拭するため、Cひかりでは最大5万円のキャッシュバックを行っています。
また、違約金が発生しない場合は他のキャンペーンを用意しているため、相談してみてください。

工事費が実質無料

Cひかりの工事費は、通常だと4万4,000円かかります。
しかし、30ヶ月で分割して請求され、それと同じ金額の割引をしてくれます。
Cひかりを30ヶ月以上使用した人であれば、工事費が実質無料になります。

利用開始月の基本料金無料

Cひかりを契約すると、利用開始月の基本料金が無料になります。
乗り換えをするとどうしても事務手数料などがかかってしまい、金銭的な負担が大きくなってしまいます。
そのような負担を軽減するためにも、利用開始月の基本料金を無料にするというキャンペーンを行っているのです。

セット割

Softbankの携帯やスマートフォンを契約している場合、Cひかりセット割を使うことができます。
Cひかりの利用料金が最大で1,000円割引になります。
Softbankの携帯やスマートフォン、iPadを契約しているならぜひ利用したい割引だと言えるでしょう。
1年間で最大1万2,000円もの割引を受けられるのはかなり魅力的です。

これらのキャンペーンは、2021年7月末時点のものです。
内容が変更される場合もあるため、ホームページで確認してみてください。

提供しているエリア

  • 北海道(一部地域を除く)
  • 関東エリア(一部地域を除いた東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海エリア(一部地域を除いた愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西エリア(一部地域を除いた大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 九州エリア(一部地域を除いた福岡、佐賀)

提供しているエリアは限られてしまうため、事前にお住まいの地域が該当エリアかどうか確認しておくことをおすすめします。

申し込み方法と申込時の注意点について

続いては、申し込み方法と申込時の注意点についてみていきましょう。

Cひかりの申し込み方法

申し込みは、申し込みフォームに入力するだけなので簡単にできます。
ホームページにある「お申し込みはコチラ」をクリックすると、申し込みフォームが開きます。
そこに、必要事項(氏名、住所など)を入力し、完了です。
申し込み前に不安な点がある場合は、「お問い合せ」やチャットで聞いてみると良いでしょう。

申込時の注意点

対象ではないエリアがある

Cひかりを導入できるエリアは、現段階で限られています。
そのため、お住まいのエリが対象なのかどうか、あらかじめ確認してから申し込みをするようにしましょう。

工事が2回必要になる

一般的な光回線の場合は、開通工事は1回で済みます。
しかし、Cひかりの開通工事は2回必要になります。
したがって、申し込みをしてから開通までに時間がかかってしまうことを念頭においておく必要があるでしょう。

賃貸物件は管理人から許可を得なければいけない

賃貸物件に暮らしている場合は、賃貸物件は管理人から許可を得なければいけません。
場合によっては、工事ができないケースもあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

工事の流れや工事方法について

最後に、工事の流れや工事方法についてみていきましょう。

工事の流れ

①宅内工事の日程を調整

契約者の元へ宅内工事に関する日程の関する連絡があり、打ち合わせをして日程調整を行います。

②宅内工事を行う

契約者が立ち合い、宅内工事を行います。
工事の説明や完了報告、屋外工事の説明も含まれます。

③屋外工事に関する連絡がある

指定された業者から当日までに訪問時間に関する連絡があります。

④屋外工事を行う

屋外工事にも立ち合いが必要になります。

⑤インターネット回線の利用スタート

 

工事の内容

宅内工事

宅内工事では、光キャビネット取り付けや光ケーブルの引込み、光コンセントの取り付け、光コードの配線とONU設置を行います。

屋外工事

屋外工事では、最寄りの電柱から光ケーブル引込み、光キャビネットへ接続を行います。

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cひかりは、サクサクとインターネットを使えるとして人気が高まっている回線です。
インターネット回線に対する何らか不満を抱えているなら、乗り換えを考えてみても良いでしょう。
お得に利用できるキャンペーンも行っているため、上手く使えばかなりお得に他社から乗り換えることができます。
まずは、問い合わせだけでもしてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。