日本端子株式会社の実態とは?何の会社か調べてみた

コネクタと聞いてもどんなものかイメージできず、あまりわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
コネクタとは、実は私たちの生活になくてはならない存在なのです。
なぜなら、コネクタはパソコンやスマートフォン、家電、さらには車にまで用いられ、これからも欠かすことのできない電子部品だからです。

そんなコネクタや端子を主力製品としている日本端子株式会社は、高い技術力とクオリティの高さで顧客のニーズに応える会社です。
なた、日本のみならず世界各国へ進出を続けるグローバル企業でもあります。

この記事では日本端子が具体的にどのような事業を行っているのかどのような魅力があるのかをご紹介します。
日本端子を正しく知って、企業研究や就職活動に役立ててください。

コネクタとは?

日本端子は、コネクタや端子を主力製品としています。
コネクタ(connector)とは、電力や信号を流す接続機能を持つ電子部品です。
回路をつなぐ際に直接はんだ付けをすると、修理の際にケーブルを切断する手間がかかってしまいます。
しかし、コネクタを使用すれば手または工具を使って簡単に機器同士を「つなぐ」「はずす」ことができるのです。
その利便性に注目が集まり、パソコンやスマートフォン、車など身近にある電気関連機器類のほとんどに使われています。
また、利便性が高いだけでなくコネクタには信頼性・安全性も求められます。
正しい設計や品質管理が行われていないものはうまく機能しません。
さらに、接続不良によって火災などの事故が起こる危険性もあります。
高い技術力を持っているからこそ、安心して使えるコネクタ製造を実現しています。
日本端子では、電源系コネクタや信号系コネクタなど用途に合わせて様々な種類を設計・製造しています。
中でも、日本端子が創業以来注力してきたのが自動車用コネクタです。

現代の生活において自動車は欠かせないものであり、多種多様な大きさや形のものが販売されています。
また、近年注目を集める電気自動車の大型端子・コネクタの製造なども行い、高いスキルと実力を持つ会社です。

日本端子の基本情報

日本端子は1960年に設立され60年以上コネクタと端子に携わってきました。
本社は神奈川県に構え、関東や関西地方、北九州にもオフィスを展開しております。
従業員は2022年1月現在で441名在籍し、連鎖端子の製造販売、コネクタの製造販売、電線端末処理機械・工具の製造販売を事業内容としています。

自動車や家電等のコネクタ、連鎖型端子の製造・販売
コネクタは機器や回路をつなげる際に使用される電子部品です。
主に自動車や家電、スマートフォンの内部に用いられ、電気信号を流す役割があります。
日本端子は、大型のものから小型のものまで製造を行っています。
連鎖型端子は結束が切れないものが求められていますが、日本端子が持つ高いスキルによってハイクオリテな製品製造が実現しています。

また、日本端子は地域密着型を目指す会社です。
環境の変化に合わせて常に変化する顧客のニーズを汲み取り、最適な提案を行っています。
顧客を第一優先とし、身近な最高のパートナーでありたいと考えています。
その経営方針に沿って、2012年シーズンより、湘南ベルマーレのユニフォームパートナーとして支援を続けています。
スポーツの活気は人々の笑顔や活力につながるので、全力でコートを走り回る選手を後押し・応援をしています。
日本端子が支援を続けるのは地域密着型を目指す他にも、人々や世界に活力を与えたいからです。
これが、企業理念の「つないで世界に活力を。” ACTIVATE”」につながります。
機器同士をつなぐだけでなく、人や企業、地域をつないで世界中にパワーを与えることを目指しています。
さらに、つなぐ技術を進化させることで、開発者や顧客が望む価値の高い製品を作り上げ、多くの人々に夢や活力を与えたいとしています。
日本端子は、技術の発展と共に、地域や世界へ活力と笑顔を与えるための努力を惜しまない企業だとわかります。

日本端子の製品・こだわり抜いたその品質とは

日本端子は日本のみならず、世界にも進出を続けるグローバル企業です。
また、販売拠点としては中国華南の広州や香港、タイ、アメリカにも拠点を持ち、ワールドワイドな事業展開をしています。

日本端子のコネクタが世界各国で人気な理由は、こだわり抜いた品質です。
常に変わり続ける市場や顧客の要望に応え、最高の製品を提供しています。
さらに、高品質に加えて高い開発力、リーズナブルな価格、スピーディーな納期が自慢です。
品質管理を一番とし、顧客からの信頼感・安心感を得ることが目標です。

また、製品と工程の設計段階から安定した品質を作り上げ、社員一人ひとりが「スピーディーに」動くフットワークの軽さを大切にしています。
今後もコネクタの需要は高まると予想されるため、さらに世界各国へと展開を続けていくのではないでしょうか。

まとめ

 

今回は、高い技術力とクオリティの高さを誇る日本端子について徹底的に調査してきました。
主力製品であるコネクタは、主に家電や電子機器、車などに用いられており、
これらの製品には製造するスキルだけでなく、品質の良さや安全性の高さが求められます。

日本端子は創業後すぐに自動車コネクタの設計・製造を開始し、自動車業と共に大きく成長してきました。
そして、長い年月をかけ積み重ねてきた実績とノウハウによって、日本端子では高いクオリティを実現しているのです。
また、環境マネジメントシステムISO14001を取得しており、こうした取り組みから環境に配慮した製品作りを会社全体で行っていることが分かります。

そんな日本端子では、製品設計や生産技術、金型設計、国内・海外営業などの求人が出されており、どの仕事でもさまざまな技術やノウハウ、知識を身につけることが可能でしょう。
さらにコネクタなど日本端子で製造している製品は、人々の生活を支える非常に重要な部品であり、人々の生活を支えるやりがいのある仕事だと言えます。
また、地域密着型企業なので、企業の活躍が地域の活性化に繋がります。

地域や世界を「つなぐ」ことができる日本端子に興味のある方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。
これから先もニーズが高まるコネクタ製造企業なので、安心して働くことができるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。