プラネットグリーンは働きやすい?採用・求人情報や社員の声まで徹底チェック!

セールスやマーケティングのBPO事業をメインに行っているプラネットグリーンは、“全てのお客様、お取引先様の『ベストパートナー』となる”ことをミッションに掲げ、新たなベストパートナーとの出会いをさせてくれる企業です。
この記事では、プラネットグリーンの会社概要や事業内容、求人内容などをご紹介していきます。

プラネットグリーンにBPO事業を依頼・提携している企業などの実績、採用情報や実際に働いている社員の声も紹介するので、プラネットグリーンに関して知りたい人、就職活動や転職活動中にプラネットグリーンを知った、採用に応募したい、働きたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

プラネットグリーンの会社概要や事業内容

最初にプラネットグリーンの会社概要や事業内容をみていきましょう。

【会社概要】

会社名:株式会社プラネットグリーン
住所:神奈川県横浜市西区平沼一丁目1番3号3階
設立:平成22年2月
資本金:9,000,000円
代表取締役社長:永井 良
取締役:都築 博志
従業員数:90名(グループ合計 150名)
事業内容:セールス、マーケティングBPO事業

プラネットグリーンは、2020年時点で神奈川の本社に加えて、札幌・高崎・埼玉・千葉・横浜・厚木・伊勢原・名古屋・大津・大阪の10ヶ所に営業所と東京の西五反田に事業本部を構えています。
事業内容には、“売上アップを支援するセールスやマーケティングのBPO事業”としっかり書かれていることから、様々なノウハウを持っている企業であることが分かります。

プラネットグリーンにBPO事業の依頼や業務提携をしている企業とは?

プラネットグリーンは、セールスやマーケティングのBPO事業をメインに行っていますが、どのような企業からの依頼を受け、提携しているのでしょうか?
実際に依頼を受けた企業と、その結果を紹介します。

・株式会社カインズ

全国に約200店舗を展開する株式会社カインズは、次世代型ホームセンターとして注目されています。
オリジナルブランド商品が高く評価され、グッドデザイン賞の受賞経験もあります。
カインズではリフォーム販売にも力を入れ、年間300億円の売上をあげていたのですが、太陽光発電システムやオール電化などの省エネリフォームでは、販売数の伸び悩みを感じていたようです。
そこで、プラネットグリーンのセールス&マーケティングBPOを導入したところ、導入前と比較して約10倍以上の販売実績を達成しました。

続いては、提携している企業について紹介していきます。

・ニトリホールディングス

プラネットグリーンは、ニトリホールディングスとの業務提携を結んでいます。
ニトリはオリジナルのシステムキッチンを強みにリフォームの拡販に注力していますが、ニトリにはリフォーム専門のスタッフが常駐していない店舗が多く、顧客へのスムーズな対応が課題となっていました。
しかし、提携することでニトリスタッフに代わりプラネットグリーンスタッフがリフォームについて対応することができるようになり、迅速な対応が可能になりました。

・テプコカスタマーサービス株式会社

東京電力グループであるテプコカスタマーサービス株式会社と、プラネットグリーンも業務提携が結ばれています。
既に東京電力グループのTEPCOホームテック株式会社とも提携しているため、同グループ内2社目の提携となります。
テプコカスタマーサービス株式会社では、法人向けの省エネリフォームサービスの提供を目的としていますが、これまでの集客力やサポート面で好調であったことから提携となりました。

社員が語るプラネットグリーンの事業内容

プラネットグリーンは様々な企業からの依頼に加えて、大手企業との提携により実績を多く残しています。
また、このような大きな成果があるのは、社員の方々の働き方にもあるようです。
そこで、社員の方々が取り組んでいる事業内容を詳しく掘り下げてみましょう。

・エリアマネージャー 成瀬さん
“省エネリフォームアドバイザーです。エネルギーのみならず、ご家庭の状況やご希望を細かくうかがい、最適なご提案をさせていだきます。
また、プレイングマネージャーとしてチームのマネジメント業務を兼務。
メンバーの育成、お客様の管理、予算達成に導くための戦術を作成しています。”
引用元:https://p-green.co.jp/staff_naruse/

エリアマネージャー、そして省エネリフォームアドバイザーとして業務に取り組んでいる成瀬さんは、お客様と社員のサポートや管理を行い、結果を残すための道を作り上げているようです。
マネジメント業務はとても責任ある業務ですが、実現したい気持ちや責任の所在を自分とすることで、やりがいを感じているのがわかります。

・マーケティングマネージャー 請川さん
“クライアント企業のCRMとして、省エネリフォームのテレマーケティングを担当しています。
お客様に省エネリフォームの興味喚起を即してから、省エネアドバイザーにバトンを渡します。
アポイントの数を増やすだけではなく、精度を高めるため教育・マネジメントをしています。”
引用元:https://p-green.co.jp/staff_ukegawa/

顧客管理を中心に行っている請川さんは、最初のアピールを行うテレマーケティングを担当しています。
アポイントの取り方にも注意しながら、より相手に伝わりやすく興味を持ってもらえるかを考えながら教育にも励んでいることが分かります。

このように、業務内容を細かくみていくと様々な努力が見えてきます。
それだけ、プラネットグリーンを成長させたいと考えている社員が多くいる職場なのでしょう。

プラネットグリーンの求人情報

プラネットグリーンでは、現在キャリア採用、新卒採用の募集を行っています。
ここでは求人情報と同時に、社員が語る職場の働きやすさについても紹介していきます。

【キャリア採用】

職種:支店長候補(省エネリフォーム事業部のマネージャークラス)
仕事内容:ゼロエネルギー住宅へのリフォーム営業職
労働条件:(株)グリーンイノベーションズホールディングスからの出向
・就業時間:9:00~19:00(実働8時間)
・週休2日(水、木、定休)
・夏季休暇、年末年始休暇あり
・有給休暇あり
・健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険あり
待遇:
・交通費支給
・資格手当
・推奨資格取得補助制度
・読書サポート制度
・表彰制度
・社内イベント
・住宅費補助制度

採用情報を簡単に紹介しました。
記載の情報は2020年12月時点でのものですので、詳しく知りたい場合は、プラネットグリーンのホームページ求人サイトを確認してみましょう。

では、このような採用条件で入社した社員は、働いてみてどのように感じているのでしょうか?

“前職でコールセンター業務を経験していたとはいえ、当社コールセンター業務は初めてで、各種KPIやオペレーション・施策の回し方など、当社営業時代では携わっていなかったことばかりだったので、慣れるのは大変でした。
ただ、コールセンターのSVやオペレーターが働きやすく、結果を出してもらうために動く。という基本は変わらないので、前職の良いところも持ち込むことができたと思っています。”
引用元:https://p-green.co.jp/staff_nagano/

事前に経験していた業務であっても、携わっていないことが多く仕事に慣れるのに時間がかかってしまったようです。
しかし、前職の良さを持ち込めたことで大きなプラスとなったことが分かります。

“大企業からの転職でしたので、細かな部分が整っていなかったり、自分がアクションをしないと事が動かないことに直面し、それまでの「受身だった」自分自身と度々ぶつかることがありました。”
引用元:https://p-green.co.jp/staff_naruse/

仕事に対して受け身だったことに、プラネットグリーンに入社してから気が付き大変だったと感じる内容です。
受け身のつもりではなかったようですが、結果的に自分自身の見直しに繋がり、大きな責任感を背負うことがやりがいに発展したようです。

就職してよかった?社員が語るプラネットグリーンの良さ

それでは次に新卒としてプラネットグリーンに入社した社員のインタビューとその内容について見ていきましょう。(2020年4月入社、営業職、男性)

面接でオフィスを訪れた際、すれ違う社員全員が、さわやかな笑顔で気持ちの良い挨拶をしてくれました。僕は、思わず面接で質問をしたんです。「なぜこんなにも温かい人柄の方ばかりなのですか?」と。答えは、「全員が【信条】を体現しているから」でした。この環境なら私も人として成長できると確信したのを覚えています。

まだ入社していない面接の段階でも、社員全員に気持ちのよい挨拶を受けたことがとても印象的だったようです。新卒なら他の企業にも面接に足を運んでいると思いますが、他の企業を見てきたからこそ、プラネットグリーンでの挨拶に気持ちよさを感じたようです。またその答えとなる信条を社員が意識して行動に移していることも、大きく響いたのでしょう。

会社という環境で、自分がどれだけ成長できるかは意識の持ち方によって変わりますが、その良いきっかけとなったことが分かります。

入社して1年ですが、なかなか思うように結果が出し切れず、試行錯誤の日々です。しかし、日々着実に成長していると感じています。それは、信条「全力育成」を上司や先輩が体現していて、一つずつ、丁寧に教えてもらえるという恵まれた環境で日々を過ごすことで、一歩一歩階段を上り思い描く将来像に近づいていると感じることができているからです。

仕事は万事全てがうまくいくとは限りません。思うようにいかないこともあるでしょう。自分だけでは試行錯誤にも限界があり、やり遂げられないこともありますが、このインタビューに回答した新卒入社の男性社員は、先輩たちからの丁寧な指導によって前進したと感じているようです。

丁寧に仕事を教えてくれるのは、丁寧な仕事をしているからこそで、上司や先輩の姿勢や信条の体現はとても良い見本となります。

(入社して良かったことは)一生懸命に僕の育成に時間を使ってくださる上司、先輩からは多くの学びがあり、熱心に指導してもらえて、毎日が充実しています。そして、そんな先輩たちに、いま僕ができることを全力で行い、早く成果として恩返しをしていきたいと思うようになりました。

プラネットグリーンの信条を体現する社員に憧れて入社したことで、毎日充実した日々を過ごしていることがわかります。入社後に会社のイメージが変わったと感じることもあると思いますが、プラネットグリーンは思った通りの職場であり、さらに自分ができることを全力で行って成果を出したいと感じているようです。

この言葉から、入社して既に大きく成長していると感じます。

自分が出した成果に対して、しっかりと評価してもらえます。頑張ったことに対して評価してもらえると、「次も頑張ろう!」と思う活力に繋がり、良い循環を生み出すことができます。

一人ひとりの仕事を正当に評価してくれるのもプラネットグリーンの特徴です。
自身の頑張りがきちんと評価に現れてくるので大変やりがいのある仕事だと思えることでしょう。
結果が出たらモチベーションにつながるという好循環でさらなるパワーアップを図れる会社です。

昨年からはコロナ禍という状況で、営業職は社用車で自宅とお客様宅の直行直帰が推奨となったり、商談はオンライン実施へ切り替わったりと、世の中の流れにスピーディに対応する会社の方針に安心しています。

プラネットグリーンは社会情勢に合わせて臨機応変に対応できる企業です。
多様な働き方ができることから今後も安心して続けられる仕事だと言えます。
仕事を続けられることのありがたみを感じるでしょう。

社員全員が、「信条」という共通認識をもって仕事をしているので、新卒1年目からこれまで理不尽な思いをすることなく、業務に集中できる環境で成長することができています。

プラネットグリーンで働く社員は皆、高い意識をもって仕事に取り組んでいます。
それはやる気に満ち溢れる新卒1年目の社員だけではなく、多くの社員がやる気を出し互いに励まし合って歩んできています。
チーム一丸となって仕事に真剣に取り組む姿は、まるでビジネスマンのお手本のようです。
そんな自身の姿を見て喜び満足できる点も、働いていて嬉しいポイントとなっています。

人生において仕事が占める割合は3割とよく言われますが、仕事は自分の人間力の成長に繋がるので一生懸命仕事に向き合う事で自己成長に繋がり結果人生が豊かになると思っています。

スタッフの中にはプラネットグリーンで働いて人生が豊かになったという人も多数います。
社会貢献を通して自己成長していくことは、生活の大きな生きがいにもなることでしょう。
仕事で感じる思いは人それぞれですが、プラネットグリーンでは得られる自己成長の高さは、人を変えるくらい魅力的なものだと言えます。

インタビュー引用元:https://p-green.co.jp/shinsotsu22/

 

まとめ

プラネットグリーンは、セールスやマーケティングのBPO事業をメインに行い、多くの企業から依頼を受け、より売上アップへと導く企業です。

提携によって企業の強みも更にアップしていき、さらなる収益に貢献もできるようになっています。
実際にプラネットグリーンのBPO事業を導入したことにより大きな発展を遂げた企業が何社もあり、今後も提携先が増える可能性を秘めています。

そしてプラネットグリーンで実際に働く社員も、各個人がそれぞれの責任の下、様々な業務に取り組んでいることがわかります。
また採用の詳細からもわかるようにキャリア、新卒の求人募集があり、会社から成果を認めてもらえる制度が多く、働きがいのある企業であることがわかります。
今後もさらなる発展が予想できるので、入社してからも安心して働けるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。