キーネットワークからスカウトされる人物とはどういう人か!?

ヘッドハンティングという言葉を耳にしたことがある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

ヘッドハンティングとは、人材をスカウトすることを言います。

スカウト会社は、クライアント企業からの依頼に基づいて即戦力になるような有望な人材をスカウトします。

😀 キーネットワークは、そんなスカウト・ヘッドハンティング事業に携わっている会社です!

今回は、キーネットワーク株式会社の会社概要をはじめ、スカウトされる方の特徴、実際に移籍するまでの流れをご紹介します。

スカウト会社やキーネットワークのスカウトがどのようなものなのか気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

キーネットワークはどんな会社?

キーネットワーク株式会社は、2012年に設立されました。

東京都中央区に本社を置き、優秀なスカウト事業を行っていることが大きな特徴です。

キーネットワークは、スカウト・ヘッドハンティング事業をはじめ、

  • 経営顧問事業
  • Webソリューション事業
  • コンサルティング事業

などが主な事業内容となっています。

特にスカウト・ヘッドハンティング事業に力を入れており、様々な分野の企業とパートナー契約を締結してきました。

独自のリサーチ方法を構築しており、クライアント企業の課題解決に向けて条件に見合う優秀な人材を探す仕組みになっています。

国内では、スカウト・ヘッドハンティングに対してマイナスなイメージを持っている方も少なくありません。

😃しかし、国内でも外資系企業中心に積極的に取り入れられてきた事業であり、現在は多くの企業で採用されているという実情もあります。

グローバル化や少子化などの影響で、即戦力になる人材を効率的に採用したいという企業が増えているからではないでしょうか?

 

 

スカウトされる方の特徴

では、実際にキーネットワークからスカウトされる人材には、どのような特徴があるのでしょうか?

😆キーネットワークはクライアント企業が求めている人材に見合う人物を探し、スカウトそのものは電話で行われています。

実際にスカウトされるのは、それぞれの業界において優秀な成果を上げていたり、活躍していたりする方が多いです。

職種では、ソフトウェアやネットワークなどIT関係の技術職をはじめ、営業職をスカウトする傾向にあると言われています。

営業職は、医薬品・化粧品メーカーや、広告・デザイン系、銀行・証券・投資銀行関係が多くなっています。

その中でも、即戦力になる優秀な人材として判断される要素を見ていきましょう。

 

実績

特定の業界における実績があれば、それだけで即戦力になるかどうか判断できます。

社会から一目置かれる実績を持っている人材であれば、スカウトされる可能性が高いでしょう。

 

人脈

ビジネスにおいて、人脈があるかどうかは重要なポイントと言えます。

例えば、様々な業界の方との人脈があれば、新しいキャリア構築ができたり、ステップアップにつながったりする可能性が高くなります。

視野を広げ、これまでになかった発想をするには、人脈がある方が有利なのです。

 

英語力

日常会話レベルでも、英語が話せれば大きな強みになります。

英語がビジネスで活かせる人材は、企業にとっても魅力的です。

現在はグローバル化が進んでいるため、海外進出を視野に入れている企業も多いです。

そんな企業にとって英語が使える人材の確保は必要不可欠なのです。

・向上心
仕事やプロジェクトを進める際には、失敗してしまう可能性もあります。
そんな時、向上心が高ければ失敗した原因を考え、解決策や改善策を明確にして次に活かそうと考えるでしょう。
また、向上心がある方は目の前の仕事には完成度を高めようとする傾向があります。

・性格
共に仕事をする上で、暗く後ろ向きの人材と一緒にすれば上手くいく仕事も上手くいきません。
従業員同士がお互いに高め合い取り組むことで、一体感が生まれ仕事を終えた時に達成感が生まれるのです。
精神的に不調を訴える労働者は多いですが、そんな中で明るく前向きな強いチームづくりが求められています。

・年収
スカウトされる傾向が高いのは、年収が400~600万円の方だと言われています。
幅があるようにも見えますが、年収がこの位あればある程度経験やスキルがあると判断できるのです。
また、スカウトを希望する企業が求める人材に相応しい給与に見合った年収をもらっているかどうかがポイントになっていることも理由の1つです。

・年齢
年齢は目安ですが28歳が最も多く、25~30歳がスカウトされやすいです。
若さがあり、仕事経験もあるとなると、25歳~30歳程度が即戦力になると考えられているのです。
しかし、年齢よりも能力を見て判断されるケースが多いでしょう。

スカウトから移籍するまでの流れ

キーネットワークでスカウトされると、どのような流れで移籍へと進むのでしょうか?
ここでは、キーネットワークでスカウトされてから移籍するまでの流れをご紹介していきます。

・スカウトの依頼が来る
キーネットワークのスカウト・ヘッドハンティングは、クライアント企業からスカウト依頼が来ることでスタートします。

・ヒアリング
クライアント企業が求めているのはどのような人材なのかをしっかり確認します。
ヒアリングは、クライアント企業との面談で行われます。

・リサーチ
リサーチでは、クライアントから依頼された条件を基に対象となる人材を探していきます。
キーネットワークに条件が合う人材がいれば、すぐに見つかるケースもあります。

・電話連絡
クライアント企業の条件に合う人材が見つかれば、電話で連絡をしてコンタクトを取ります。
電話で了承されれば、アポイントの約束です。
キーネットワークが後日面談をする旨と希望の日程を伺います。

・面談
面談は、スカウトの担当者が行います。
面談が行われる場所はホテルのラウンジが多いです。
当日はスカウトした人材の今後のビジョンをヒアリングし、クライアント企業の概要をはじめ採用に関する情報を紹介します。

・クライアント企業との面談
面談でクライアント企業に興味を持ち、移籍に前向きな場合は、クライアント企業との面談へと進みます。
クライアント企業の経営者や経営陣などと直接面談し、その後の移籍に関する説明をする流れです。

・採用・内定
採用・内定となれば、クライアント企業から年収やポジションをはじめ条件などを記載した採用内定通知書が発行され、入社となります。

 

まとめ

キーネットワークのように、スカウト・ヘッドハンティングを行っている企業は少なくありません。
しかし、その中でもキーネットワークはトップクラスの実績を誇る企業であり、採用活動を行うことで社会に貢献しようと努力しています。
スカウトされやすい方は、キーネットワークから実績やスキルを認められた証拠です。
もしキーネットワークからスカウトの電話が来た場合は、自分の可能性を広げるチャンスと考えても良いでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。