【評判口コミ】信用できる?レイノス株式会社にスカウトされる人物の特徴とは?!

海外ではよく行われているヘッドハンティング。
実は日本国内でもスカウトヘッドハンティングを専門的に行っている企業があります。

レイノス株式会社という企業です。

レイノス株式会社では依頼を受けると経営課題を解決してくれる、または一緒に解決を目指してくれる人材を紹介していきます。

具体的にどのような人がスカウトされ、レイノス株式会社でスカウトされた人はどれほどの年収になるのでしょうか?

 

今回は

記事の方向性
  • 口コミ評判からメリット・デメリットを調査
  • レイノス株式会社でスカウトされる人物
  • 年収
  • 対象業界

について詳しくご紹介していきます。

 

 

Contents

レイノスの会社概要

パートナー

国内最大手のヘッドハンティング及びスカウト企業、レイノス株式会社の会社概要についてご紹介します。

レイノス株式会社は1997年10月1日に設立された企業です。現在の資本金は余剰金含め6億4000万円にも及んでいます。

また、レイノス株式会社のグループ元であるレイスグループの総資産は507億円であり、非常に大きなグループ会社の一員ということが分かるでしょう。

現在、東京都中央区に本社を構えています。

 

会社概要

  • 企業名:レイノス株式会社
  • 代表者:岡野旅人
  • 設立:1997年10月
  • 公式サイト:https://www.raynos.co.jp/
  • グループ資本金:6億4,000万円
  • グループ売上高:390億円(2021年9月実績)

 

採用情報

  • 勤務地:全国/地域限定
  • 募集職種:コンサルティング営業職
  • 求めるスキル:セルフスターター、提案スキル・ビジネス感覚を身に着けたい、スキルに最適な報酬を実現したい、論理的思考力、コミュニケーション能力、パーソナリティ
  • 勤務時間:9時~18時半
  • 給与(想定):460~1050万(年齢・スキル・年齢を考慮し規定に基づき優遇)
  • 福利厚生:産休・育休、健康診断、契約保養所、海外旅行促進補助金制度、社外会議補助金制度、社員交流会補助金制度、ワーケーション補助制度、選択性退職金制度、報償旅行補助制度、スポーツ施設、社内マッサージ、配偶者誕生日早帰り制度、在宅勤務制度、ノートPC・スマートフォン・Wi-Fi貸与、ほか
  • 休日休暇:週休2日制(土日)・祝日・夏季休暇、年末年始休暇・有給休暇・慶弔休暇・パワーチャージ休暇・リフレッシュ休暇

 

レイノスのサービス

レイノス株式会社では、サーチ型スカウトサービスを行っています。

サーチ型スカウトサービスとは、経営者から直接的に各会社の経営課題を聞き、その課題解決にぴったり合った人材を紹介するといった内容です。

現場を統率できるマネージャーや幹部候補といった管理職系の人材も綿密なサーチによって引き合わせることが可能で、今まで1万人以上の移籍を仲介してきた実績があります。

レイノスのスカウトサービスによって移籍する候補者はキャリアアップが実現できるので、レイノスのサービスを利用する会社と移籍者両方にメリットがあると言えます。

レイノスでは各企業の発展と働く個人にフィットしたキャリア設計の両方を向上させる事業を目指しています。

 

スカウトの流れ

それでは、具体的にどのような流れでスカウトが進んでいくのかを見ていきましょう。

レイノスのサービスには、「個人」あるいは「法人」によってそれぞれの流れがあります。

まず、個人の方の流れは次のとおりです。

 

個人

①会員登録

レイノスのサイトに会員登録をしていただきます。

 

② スカウトエージェントとの面談

希望のキャリアや将来の展望をお話しいただきます。

 

③エージェントによるマッチング活動

レイノスのサポートする企業のご依頼とマッチング活動を行います。

 

④エージェントとの面談(企業・ポジション紹介)

ご希望に合う企業およびポジションを紹介するための面談を行います。

 

⑤企業経営者との面談

スカウトエージェント同席の上、企業経営者と面談を重ねていただきます。

 

⑥内定承諾

採用内定通知書に同意される場合、内定承諾書にご署名いただきます。

 

⑦ご入社

転職を希望している方はもちろん、「直近の転職は考えていない」という方でも、より希望に沿った企業に出会うこともできるかもしれませんね。

次に、法人の方の流れは次のとおりです。

 

法人

①ご契約

ご要望の人材や人数によって、ご契約書を締結していただきます。

 

②キックオフMTG

エージェントとの面談を通して、どのような人材を引き合わせるかを明確にしていきます。

 

③サーチ活動

エージェントがご希望に合う候補者を見つけ出します。

 

④候補者レポートの提示

候補者のご経歴やスキルを記載したレポートを見ていただき、面談をご希望される場合は、候補者との面談が設定されます。

 

⑤候補者との面談

スカウトエージェント同席の上、候補者と面談を重ねていただきます。

 

⑥採用内定通知の発行

採用のご意思が固まり次第、「採用内定通知書」を発行していただきます。

 

⑦ご入社

個人も法人もどちらも、エージェントと密にコミュニケーションをとりながら、候補者と企業を引き合わせていく流れとなっていますので、安心して任せることができそうです。

 

レイノスからのヘッドハンティングの電話について

レイノスから「実績が優れている」と判断された候補者はヘッドハンティングの電話がくる可能性があります。

「どうして自分に電話がきたんだろう?」

と、いきなりの展開に戸惑ってしまうのは仕方ありませんよね。500を超えるあらゆる業界に精通したクライアントから依頼を受け候補者との引合せを組んでいるレイノスから連絡をする理由は以下の通りです。

 

レイノスから候補者に対し電話をする理由
  • 依頼主が希望するキャリアの持ち主をリサーチした結果候補者が最適だった
  • 依頼主から「是非あなたのような候補者を招きたい」という要望があった
  • レイノスのスカウトエージェントから将来的なキャリア形成について提案がある

 

候補者情報について

幅広い業界に精通し情報収集を得意とするレイノスですが、それを可能としているのは細部まで行き届いたリサーチ方法です。

新聞や専門雑誌、関係者へのリサーチなど、情報収集において独自の手段を所有しているのがレイノスの大きな強みなのでしょう。

 

 

口コミ評判からメリット・デメリットを調査!

調査

レイノスを実際に利用した方々はどのような感想を抱いたのでしょう?

口コミ評判を確認しつつ、メリット・デメリットをまとめていきました。

 

口コミ評判

 

実際に対応するのは関連会社のレイノスの方らしいです。博多から岡山まで新幹線で来るらしいので本気度は伝わりますが、これは単純な転職のおススメでヘッドハンティングでは無いと思うのですが実際に利用されて転職されて人いらっしゃいましたら感想を聞かせてください。

 

転職に関しては、現在私が転職を希望しているわけではなく、話だけでも聞いて欲しいとの事なので、少し話だけでも聞いてみようかと思っている感じです

 

あっ!レイノスはきっかけを提供することが仕事なので負んぶに抱っこだといい結果は出ないかな。

 

現状の仕事の給与や残業時間、将来性などの質問の後に転職先の紹介をされました。給与、社風や私にやってもらいたい業務(営業、現場監督など)など詳細に説明してくれて良かったです。

 

ヘットバンティングのイメージがあるかもですが、意外とメンバークラスの求人も多い。何より経営者と直接面談や交渉ができるメリットはでかい。成長企業が多く、刺激的な社長に会えるのも魅力の1つです。

 

現状の仕事の給与や残業時間、将来性などの質問の後に転職先の紹介をされました。給与、社風や私にやってもらいたい業務(営業、現場監督など)など詳細に説明してくれて良かったです。

 

レイノスのメリット・デメリットをチェック!

レイノスに興味を持った多くの方が、「スカウトについて、メリット・デメリットをもっと掘り下げたい!」と思っていることでしょう。

ここでは、レイノスのスカウトを利用する際のメリットデメリットをまとめました。

 

メリット

  • クライアント・移籍者双方がキャリアアップ等様々なメリットを得られる
  • ここでしか聞けない貴重な情報が得られる
  • 現職以外の場で新たな出会いの幅を広げられる
  • 新しいスキルの習得やプライベートとの両立など、理想に一歩近づくためのチャレンジができる
  • 経営者と直接面談・交渉ができる

 

デメリット

  • スカウト対象者が限定的
  • 対象社自身の情報がどこで得られたのか不透明
  • 職場に直接問い合わせがあった場合、窓口から取り次いでもらえない可能性がある

 

 

レイノスのスカウト実績

口コミ・メリット・デメリットを調べたところで、では実際の転職実績はどの程度なのか、果たして成功・失敗の割合はどのくらいなのか、次でまとめてみました。

レイノスの「スカウト力」を活用するには?
  • 営業力を活かす:取引実績が豊富なレイノスのノウハウをできるだけ吸収し独自の営業力を身につける
  • リスクヘッジも忘れない:ほかのスカウトとレイノスを比較してみるも良し、自分なりのリスクヘッジ方法を身に着け理想の結果へと少しでも近づけていく
  • 書類選考・面接を通過しやすくなるだけではなく、好印象を持たれるためのノウハウを吸収し、今後に活かせる

 

 

建築・不動産業界

実績①

  • 戸建住宅営業および業務改善を伴うマネジメント(部長クラス)
  • 企業の特徴:地元沿線上で随一の実績・知名度がある不動産販売会社
  • 想定部下数:2~15名
  • 年収:~1,500万

 

実績②

  • 営業部強化
  • 企業の特徴:住宅関連
  • 想定部下数:記載ナシ
  • 年収:~1,100万

 

実績③

  • 不動産の売却ニーズに応える専門部署の立ち上げ
  • 企業の特徴:不動産売買・管理
  • 想定部下数:記載ナシ
  • 年収:~1,000万

 

 

レイノスにスカウトされる人の特徴

コミュニケーション能力が高い

レイノスにスカウトされる人材の特徴をいくつかの項目に分けてご紹介していきましょう。

コミュニケーション能力が高い

スカウトやヘッドハンティングされるということは、他の会社から求められる人材だということです。

自社だけでなく他社の人からも一緒に働きたいと思ってもらえるには、普段から高いコミュニケーション能力を発揮して多くの人と対話している場合が多いです。

単に仕事ができても、他の会社に移籍した際に良好な人間関係を築くことができなそうな人はスカウトされないでしょう。

特にレイノスのスカウトは、マネージャーや幹部クラスも多く扱っているので、上に立つ者ほど部下たちとのコミュニケーションが求められます。

多くの人たちと意思疎通や交流ができ、慕われている人は魅力的なので、スカウトされやすいです。

 

自分で考え行動できる

仕事の際に、上司の指示に従うことはもちろん大切です。

しかし、いつも指示を待ってばかりで自発的に行動できない人は企業の中で上を目指すことはできないでしょう。

レイノスにスカウトを依頼する企業は、課題解決に積極的に取り組める人材を求めています。

指示されて動くだけの単なる従業員ではなく、自ら問題を探り解決に向かって努力できるような自発的な仕事への取り組みをしている人はスカウトされやすい傾向にあります。

 

失敗しても引きづらないメンタルの強さを持っている

本当に優秀な人というのは、決して失敗しない人ではありません。

仕事に真剣に取り組めば取り組むほど、上手くいかないことが出てきたり、失敗してしまったりという問題に多く直面します。

そんな時に、失敗を引きずらずに教訓や学んだことを次に生かしていける人は貴重な存在です。

に人の上に立つ人は、自分が落ち込んでメンタル的に弱ってしまうと部下にも不安や悪い影響を与えてしまいます。

強い向上心を持ち失敗にもへこたれずにチャレンジしていける精神を持っている人は、スカウトの目にも魅力的に映るでしょう

 

目立ったスキルを持ち活躍している

スカウトされやすい人は、やはり他の人と比べて突出したスキルを持っています。

特に技術が求められる職種の場合、他の人にはないものを持っていると活躍が目立ちやすく、スカウトの目にも留まりやすくなるでしょう。

この場合、勤務年数や経験はあまり関係がなく、若くても他社で充分に活躍できるスキルを持っていればスカウトされることがあります。

レイノスでは、特に雑誌やウェブなどの媒体で個人掲載されたり特集を組まれたりしている人材に注目しているようです。

目立った活躍をして多くの人に注目されている人材はスカウトされやすいでしょう。

 

 

スカウトの年収

それでは、実際にレイノスにスカウトされて移籍した人は目安としてどの程度の年収になるのでしょうか?

レイノス株式会社では、役員クラス以上の幹部や事業の新規立ち上げ、マネジメント業務などメインの仕事を主導できる人材を多くスカウトしています。

年収は、実際に人材を求めている経営者・企業の業界や求められている条件・スペックによっても変わってきます。

しかし、ほとんどの業界で役員クラス以上に移籍すると年収は1000万円を超えるケースが多いです。

中には、勢いのあるIT業界で新規スマートフォンゲームの企画開発・運営幹部に移籍したりインターネットメディアの立ち上げに携わる社長クラスになったりすると、1500万~1900万円程度の年収になるケースも見られます。

その他、食品業界や運送業界、薬局業務などの小規模な企業への移籍では年収800万程度のケースもありますが、経験や実績次第で昇格・昇給が望める可能性があります。

また、目安として企業側から提示される年収はもちろんありますが、結局最後はスカウト先の企業との直接交渉によって決まる場合がほとんどです。

自分のこれまでの活躍実績や能力アピールなども大きく年収に影響するでしょう。

 

 

スカウトの対象業界

パソコン 女性

レイノス株式会社では、幅広い業界をスカウトの対象にしています。

最後に、レイノス株式会社が対象としている業界の現状や求められる人材についていくつかご紹介しましょう。

 

建築・不動産業界

建設・不動産業界では、東京オリンピックに向けて好調な歩みとなっています。

金利の低さから、不動産投資も増加傾向にあります。

人口減少による不動産の過剰供給を金融庁は懸念していますが、しばらく不動産の低金利は継続するという見込みになっているので、不動産投資はさらに増加する可能性があるでしょう。

そして建設・不動産業界は、人手不足です。

住宅業界における店長や所長クラスの人材不足も深刻となっているので、マネジメント経験がある人材を求めている会社が多くなっています。

 

小売業界

小売業界は、スーパーマーケットやコンビニが好調です。

ドラッグストアは以前よりトーンダウンしてしますが、業界全体ではかなり好調だと言えます。

また、総合スーパー大手のユニーグループ・ホールディングスがファミリーマートと合併したり、関西を基盤としているローソンが都内をメインに展開している成城石井を傘下に収めたりしていることから、大きな変化が起こっている業界でもあります。

そんな小売業界では、事業の拡大や生産性の向上を推進できるような幹部候補、実績を持っている店舗責任者を募集するケースが多くなっています。

小売業界の店舗で活かせる明確な実績があると魅力的な人材だと感じてもらえるでしょう。

 

情報・通信業界

情報・通信業界は、スマートフォンに関連する事業が相変わらず好調です。

スマートフォンの利便性を向上させたり、顧客を増やしたりするための戦略に力を入れて収益を伸ばし続けています。

また、SNSもかなり普及しているため、多様な収益源を得られるようになってきました。

情報・通信業界で求められている人材は、即戦力となれる人材です。

デザイナーや営業、広告運用など様々な役割分担をして業務を進めていきますが、その中のどこかで即戦力になれる人材であれば重宝がられるでしょう。

 

上場経験者・労働管理に長けた人材が注目される

創業から短期間で上場する企業が増加傾向にある情報・通信業界では、働き方改革や過労死防止に伴う労務管理の徹底が求められています。

特に非上場企業は上場経験のある管理職を強く欲しがる傾向にあり、組織の再構築に留まらず、労務管理の見直しやマネジメントを徹底的に行える人材に対するニーズが高まっていると推測されます。

 

食品業界

食品業界の需要は、少子高齢化によって頭打ちとなっています。

そのため、食品メーカーは海外へシフトし始めているのです。海外にシフトしている大手メーカーでは、営業利益の半分くらいが海外だというケースも珍しくありません。

海外へのシフトが進んでいる食品業界では、海外で即戦力として活躍できる人材を求めています。

英会話のスキルはもちろんですが、商品訴求や現地法人との折衝など多岐にわたる業務に対応できる人であればなお良いと考えている食品メーカーが増えています。

 

医薬品業界

医薬品業界は、薬局に変化が表れています。

薬局の数はとても増えているため、異業種と提携するケースが増えてきました。

異業種との提携によって、医薬品業界に新しい価値を生み出しています。調剤薬局自体の数も減っていき、業界再編が行われるという見通しもあります。

医薬品業界で求められている人材は、マネジメント能力や経営企画能力、分析能力を備えている人材です。

厳しい局面を抜け出すためにも、これまでの経験を活かして仕事を進めていくことが求められています。

 

倉庫・運輸業界

倉庫・運輸業界では、ドライバー不足が続いています。

ドライバーの高齢化も大きな問題となっていて、配車管理を行う事務員がドライバーのシフトを埋めるというケースもあるほどです。

しかし、労働環境見直しの動きも強まっているため、今後は改善していく可能性が高くなっています。

そんな倉庫・運輸業界で求められている人材は、現場を束ねるためのマネジメント能力がある人です。

多くのドライバーや取引先と信頼関係を築き、上手く進めていける人間性があればなお良いでしょう。

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイノス株式会社は、経営者から直接経営課題を聞くことによって、課題解決に最適な人材を紹介するのがサーチ型スカウトサービスです。

レイノス株式会社でスカウトされる人には、

スカウトされる人の特徴
  • コミュニケーション能力が高い
  • 自分で考え行動できる
  • 失敗しても引きずらないメンタルの強さを持っている
  • 目立ったスキルを持ち活躍している

といった特徴があります。

経営課題を解決するためには様々なスキルが必要になるため、目立ったスキルを活かして活躍している人材は、特にスカウトされやすいのではないかと考えられます。

また、課題解決に向けて積極的に考えて行動できることも重要で、実際に移籍して活躍している方の事例を見ると、レイノス株式会社がこのような特徴を持つ人材をスカウトしているというのも予想できます。

レイノス株式会社でスカウトされた場合、年収もかなり高くなっています。

役員クラス以上だと1000万円を超えたり、社長クラスのスカウトであれば1500万~1900万円程度の年収になることもあるので、収入アップにつながる可能性は高いです。

幅広い業界とつながっているレイノス株式会社では、自分のスキルを活かせる会社とマッチングできるケースが多いので、スカウトされたことに自信を持って良いのではないでしょうか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。