トライ式高等学院|二谷友里恵氏が作ったサービスの魅力に迫る!

トライ式高等学院ではこれまで数多くの生徒を輩出してきました。

難関大学合格を掴み取ることに加え、調理やプログラミングといった専門職へ就く夢も叶えられる素晴らしい学校として知られています。

そんなトライ式高等学院はどんな人でも入学できるようになっています。

ここでは、トライ式高等学院についてご紹介していき、魅力や強み、さらには運営する企業についても詳しく説明していきます。

興味のある方はぜひ最後までご覧になってください。

 

トライ式高等学院っていったい何?

トライ式高等学院は通常の高校とは少々異なります。

まずトライ式高等学院がいったい何をする場所であるのかを見ていきましょう。

・通信制のサポート校

トライ式高等学院は通信制サポート校です。

通信制高校卒業に必要な学習をしっかりと行いながらも、生徒が学びたいことを学べるようになっていることが特徴となっています。

プログラムの例としては所定レポートの提出、特別活動に30時間参加、年間20日程度のスクーリングで卒業資格を得られます。

それに加えてトライ式高等学院の独自のサービスとも言える将来や夢の実現をサポートが加わり、他の通信制高校にはない魅力を凝縮させているのです。

そして学習は教育のプロが生徒1人ひとりに合わせて授業内容を設定しています。

さらには個別指導で高い学力を習得できるため、通信制とは思えないような知識量が身に付き評判を集めています。

 

・選べる2つのコース

トライ式高等学院には2つのコースが用意されています。

1つ目は高校卒業と来来の夢や目標を見つける普通科コースです。

学校行事やイベントを通じて人間関係を作りながら学校生活を楽しんでいき、学力の向上と色んなスキルを身に付けて専門学校への進学や資格・試験合格、そして就職などの進路を掴み取っていきます。

 

2つ目は特進科コースです。

特進科コースでは大学進学を目指す生徒のための授業が受けられます。

教育のプロが生徒の志望校合格に向けてそれぞれ学習計画を立てます。

そして指導はマンツーマンで分からない部分を残すことなく指導していくのです。

大学には行きたいものの志望校が決まっていないという場合でも大丈夫です。

まずは基礎学力を身に付けていき、進路指導によって志望校が固まり、そして志望校対策を行えます。

特進科コースの入学は誰にでも可能で、中学生の復習からスタートできます。また、そのような生徒でも難関大に合格したという実績があります。

そして、普通科コースであっても途中で特進科コースに変更することは可能です。

 

・サポート拠点は全国に

トライ式高等学院のキャンパスは全国各地にあります。

その数はなんと80ヶ所におよび、非常に多くの場所でトライ式高等学院の優秀なサポートを受けられるのです。

そして学校には無理に通おうと思わなくても大丈夫なところが一つの魅力になっており、自宅まで講師やカウンセラーが訪問することによっても始められます。

ステップを踏んでキャンパス通学ができるようにも進めてくれるので、人間関係に悩むお子さんにも適しているのです。

 

トライ式高等学院は家庭教師のトライのノウハウが詰まっている

トライ式高等学院は2010年2月に誕生した教育サービスです。

サービスを提供している株式会社トライグループは様々な教育を提供する会社で、トライ式高等学院はそのうちの一つとなります。

トライグループの有名な事業には「家庭教師のトライ」というサービスがあります。

誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

実はこの家庭教師のトライのこれまでの利用者数は120万人越えとなっており、非常に多くの生徒が利用してきました。

この生徒のデータをもとにトライグループは様々な事業を運営しているため、提供する学習はどれも満足いくものとなっています。

家庭教師のトライで作り上げたノウハウはトライ式高等学院でもしっかりと活かされています。

それゆえに高校の授業についていけなかったような生徒でも難関大学合格へ導けるのです。

トライ式高等学院にはプロ講師以外にも医学部受験や難関大受験の専門チームが在籍しています。

生徒がどのような進学先を選んだとしても万全の体制でサポートが可能です。

こうした魅力は素晴らしい大学進学率として表れ、その数字は65.5%となっています。

 

一般的な通信制高校ですと大学進学率は16%程度で留まってしまうので、いかにトライ式高等学院の進学率が素晴らしいかが分かることでしょう。

そんな素晴らしい教育サービスを作り出したトライグループは他にもたくさんの魅力あふれる教育サービスを提供しています。

続いてはトライグループの会社概要と合わせてたくさんの事業をご紹介していきましょう。

 

30年以上も培った安心の教育サービスの数々

株式会社トライグループは1987年1月に創業した会社です。

本社所在地は東京都千代田区飯田橋1-10-3にあり、代表取締役社長は二谷友里恵さんが務めています。

事業内容には、以下の教育サービスが含まれています。

サービス内容
  • 家庭教師のトライ
  • 個別教室のトライ
  • Try IT
  • トライ式高等学院
  • トライ式医学部合格
  • 医学部予備校インテグラ
  • My Gym
  • 大人の家庭教師
  • プロスポーツ家庭教師のトライ
  • トライ式合宿
  • トライ式プログラミング教室

これらの他に自治体・行政機関との連携事業となる全国200以上の自治体・行政機関・学校等への学習支援を行い、多くの生徒の学習に携わってきました。

従業員数はグループ全体で社員が1,273名、登録教師数は22万人(情報は2019年8月時点のもの)と多くの方が先生となって人に教えることを行っています。

そしてトライの教育理念は「人は、人が教える。人は、人が育てる。」を掲げています。

人と人でなければ満足に感じられない教育。人が行うからこそ

分からない部分をいかに分かりやすく指導し、生徒とコミュニケーションを取りながら学ぶ楽しさを知ってもらうことで、生徒にも勉強の素晴らしさを理解できるようになります。

代表 二谷友里恵さんについて

ここからはトライグループの代表である二谷友里恵氏について触れていきます。

現代表である二谷友里恵氏はトライグループの創業者ではありません。

創業者は二谷氏の夫にあたる平田修氏で、平田氏は大学在学時に教育サービスを思い付いたのです。

平田氏は、1987年1月に家庭教師のトライを創業しました。

そして1990年4月に株式会社トライグループが設立されました。

そして代表の座を妻の二谷氏に譲ったトライはさらなる飛躍を見せます。

 

トライ式高等学院やトライ式医学部合格、プロスポーツ家庭教師のトライといった様々な事業を展開し、

さらにはカンボジアに小学校を設立した他、永久0円の映像授業Try IT(トライ イット)を開始するなど、充実した教育サービスが揃っていきました。

それに加え、トライグループの二谷氏は斬新なCMで勝負に出ます。

もともと芸能人として活躍し、デザイナーとしての一面を見せていた二谷氏は、独創的なアイディアを生み出すのが得意な人物でした。

そんな二谷氏が作り出しのが、トライのオリジナルキャラクタートライさんとアルプスの少女ハイジが融合したCMです。

これが世間から大注目を集め、これをきっかけにトライグループはよりたくさんの人から愛される会社へとなっていったのでしょう。

二谷氏については別記事で書きましたので、よければご覧ください。

トライの社長、二谷友里恵氏の実業家としての手腕とは?

これまでの実績を見てみよう

トライグループにはたくさんの実績があります。

30年間で100万人以上の指導実績を誇る生徒数全国No.1の家庭教師として有名ですし、個別教室のトライにおいては完全マンツーマンの全国No.1個別指導塾となっています。

それに加えてトライ式高等学院はここ3年間で難関国立大・私立大の合格者が1,276名となっています。

うち東京・京都大学ほか国公立大学合格者は56名、早稲田・慶應・上智・東京理科大学は27名といったように、一般高等学校でも進学が難しいと言われる大学の合格も掴み取れるほどです。

30年以上という長年にわたり培ってきた教育ノウハウはただものではありません。

実績からもいかに素晴らしいサービスを提供しているかが分かることでしょう。

 

まとめ

トライ式高等学院はトライグループのあらゆるノウハウを詰め込んだ通信制サポート校で、素晴らしい教育を受けられるのが特徴です。

キャンパスは全国に点在しており、高校進学や入学ができなかった生徒や、学校を中退してしまった生徒がもう一度輝ける場所として存在し続けています。

これまでには多くの生徒が難関大合格も掴み取り、非常に多くの生徒から満足できたという評価を受け、生徒の両親からも多くの評判を集めています。

運営する企業は大手家庭教師事業を営むトライグループで、これまでにたくさんの生徒を教育してきました。

これからの時代もトライグループは変わらず人が人に教えることを大事にしていくことでしょう。

教育によって創造されるたくさんの素晴らしいものが、これからの世の中にも必要です。

今後、家庭でも学習できる体制をどんどん整備し、時代に適したサービスでトライグループが大きくなっていくことが予想されています。

ぜひ、利用を検討してみてはいかがでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。