2ch(2ちゃんねる)や5ch(5ちゃんねる)でも良い評判のアルテカ野村紘一

野村紘一という人物をご存知でしょうか。 等価交換方式というシステムをきっかけに2ch(2ちゃんねる)や5ch(5ちゃんねる)で野村紘一を調べていたら、調べれば調べるほど不動産業界で活躍している方だということがわかりました。具体的に記載します。  

等価交換方式を調べていたら野村紘一を知った

今私は土地の活用方法についてちょっと悩んでいます。親から譲り受けた土地があるのですが、それをどう活用していこうか頭を抱えています。アパートでも建てて賃貸経営でもしようかなとも思っているのですが、そんなに資金力はないので、あまり良い物件は建てられそうもありません。銀行からお金を借りて立派な物件を建てるという方法もあるかもしれませんが、借金をしてまで経営したくないという思いもあります。だいたいその土地のあるところは、田舎で駅からも遠く交通の利便性などもそんなによくないので、空き家リスクなどもありますから、あまり冒険はしたくありません。いっそのこと土地を完全に売りはらってスッキリしてしまおうかなとも思いましたが、そんな時に等価交換方式という不動産の活用方法があることを知りました。簡単に言ってしまうと、デベロッパーと土地オーナーが共同で賃貸経営を行う仕組みという感じでしょうか。この等価交換方式を使うと、私のような土地オーナーは、自分で建物を建てたりしなくても土地に収益性の高い建物を建てて、高い収益を得られるようになるということです。これはまさしく今の私にピッタリのシステムかもしれません。これを活用して土地を利用してみようかなと今は考えています。ところで、この等価交換方式ですが、これを日本で初めてやったのは野村紘一という方らしいです。野村紘一のことは、これまでは全く存じ上げませんでしたが、等価交換方式を調べているうちに野村さんを知って興味が湧いたので、野村紘一についても色々調べてみました。そうしたら野村紘一は、とても優秀な経営者だということに気づきました。等価交換方式を日本で初めて活用したこともそうですが、他にも高級マンションを日本に根付かせたり、無借金経営を創業以来続けたりと、数々の逸話をもっておられる方です。しかも、単にお金儲けに血眼になっているだけでなく、美しい街作りや防災などの公共的なことにも配慮している経営姿勢が素晴らしいです。    

ライバルにも惜しげもなく見学させる野村紘一

野村紘一は、都心を中心にマンション開発を行っている株式会社アルテカの会長です。 経営理念は差別化と高付加価値化の追求で、その考え方は開発しているマンションにも現れています。たとえば日本初の億ションとなった新宿の物件は、当時の常識を打ち破るほど大きなインパクトを業界内に与えました。 そのため野村紘一の考え方を盗もうと多くのライバル企業が見学に訪れ、自社の設計に活かそうとしていました。 真似をするため見学に訪れたライバル企業のスタッフに対し、野村紘一は寛容にもすべて包み隠さず見せます。野村紘一がライバル企業に対して余すところなく見学させたのは、ライバル企業に真似をされても勝てる見込みがあったからです。ヒットしたマンションと同じ設計の物件を建てても、それは二番煎じにしか過ぎません。 本物を求めるお客様は、ヒットマンションの後追いで作られた二番煎じには興味を示しません。常に新しい価値のあるものを求めると考えていたので、ライバル企業に真似をされても意に介しませんでした。 また野村紘一は、自身が手掛けた物件でさえ過去のマンションです。常に新しい価値のあるマンションを差別化しながら作ることを大事にしているので、自分が手掛けたマンションであっても同じようなものは作りません。こうした理由からすでに売り出したマンションをライバルに隠す必要がないと考え、見学という名の偵察に訪れても全く気にせず、逆に歓迎したとインタビューでも語っています。見学に訪れたライバル会社のスタッフとしたら、恐る恐る見に来たのに歓迎されたので驚いてしまったかもしれません。しかしヒットの秘密を余すことなくライバル会社にも見せたため、日本には空前の高級マンションブームがバブル期に訪れます。 その結果一戸建てより低かったマンションの地位は向上し、それは株式会社アルテカの利益にもなっています。もしかしたら将来的には自社の利益になると考え、ライバルにも見学を許したのかもしれません。  

 

利用者を魅了するマンションを提供する野村紘一

野村紘一は株式会社アルテカの代表者を務めていて、昭和50年から今に至るまで不動産業界のパイオニアとしての地位を維持し続けています。パイオニアと言えば分譲マンションでも同様で、特に販売価格が1億円を超えるような高級マンションを日本で初めて提供しました。株式会社アルテカが提供する高級マンションは品質が高くスペースを使う方法も優れているなど、たくさんの付加価値で利用者を魅了しています。外観もデザイン性に妥協がなく何処に着目しても品質が良く値段に見合っているか、その値段よりも価値があることが理解可能です。 野村紘一が1億円以上する高級マンションを開発したのは、外国の建築物や日本国内の土地活用の方法との差に注目し、どのような建築物なら高く販売することが出来るのかを充分に考慮したことがきっかけになります。初めから予想通りに高級マンションが売れた訳ではないのですが、高級分譲マンションが流行する時代が到来することを信じて、全力を尽くした結果が現在の業績に繋がっている訳です。 株式会社アルテカの中心となる不動産物件は今でも高級分譲マンションなため、野村紘一の先見の明は本物ですし、揺るぎない信念を持っていることになります。そして、不動産の開発では、その土地の場所に応じた付加価値を高めることを重視していて、同じ建築物には決してならないことが特徴です。 この点も野村紘一の信念の1つで、株式会社アルテカを立ち上げた当時から変わっていません。競合他社に先駆けて1億円以上する高級マンションを提供し始めたことによって、潜在的な富裕層の需要を引き出して、その需要に応えてきました。これが野村紘一が成功した原因で、将来の見通しが確かだったことの証しです。 経済が成長する動向に乗ることが出来たことも成功した理由の1つですが、経済が成長するのに伴って富裕層が多くなると予測したこともポイントになります。経済成長が緩やかになった今でも、株式会社アルテカが提供する高級分譲マンションは注目されていますし、外国にも進出して新しい挑戦をしているところです。    

不動産業界で人気の野村紘一を理解しておこう

不動産関係の商売を知るうえで外せない人物が野村紘一です。この方は不動産の総合商社株式会社アルテカを経営している人で不動産業界でも人気があります。野村紘一は1970年代に株式会社アルテカを設立しました。当時日本ではあまり馴染みのなかった億ションというマンションを売りに出しているので知っておきましょう。 億ションは当時同業者からは売れないと言われていた商品です。野村紘一は見事億ションを売り周囲の評価を覆しました。どうして億ションが売れたのかというと、独自のシステムが関係します。億ションを建築するには収益性の高い都心の土地が必要です。ただ都心の土地は価格も高く手を出すのが難しいです。 そこで等価交換方式というシステムを採用しました。等価交換方式は都心に土地を持っているオーナーから土地を譲り受けるものです。次に株式会社アルテカが土地を利用して億ションを建築します。建築した億ションは土地オーナーとディベロッパーで分けます。オーナーは自由に部屋を使うことができるので、資産運用したりすることが可能です。 メリットはどちらにもあるシステムなので等価交換は理想の手段として多くの不動産業者が使うようになりました。株式会社アルテカはマンションの企画や設計まで一貫して行っています。そのため開発力が長けており優れたマンションを作る事が可能です。野村紘一は他にも株式会社アルテカで多くの事業を行っています。 賃貸事業では自社で開発した高級億ションベルテやベルアシリーズを提供しています。物件はどれも都心にあるもので立地も非常に良いです。不動産の販売や仲介事業も着手しており買いたい人と売りたい人をサポートします。仲介事業では基本的に顧客に対して最大限のメリットを還元するといったスタイルで事業を行っています。 そのため顧客に有利になるようなプランを提案してくれるのが強みです。瑕疵担保保証サービスや設備点検からハウスクリーニングまで対応してくれます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。