「ラク越」を運営する引越革命の藤枝勲社長について調べてみた

みなさん、こんにちは。

私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。

みなさんは「引越革命」という企業をご存知ですか?

この企業は「ラク越」という業界初の通販型引越サービスを運営しています。

そんな引越革命でトップに立つのは藤枝勲社長です。

引越業界で働きたい人であれば、引越革命がどんな会社で、社長がどんな人物なのか知りたいものでしょう。

今回は会社の概要や口コミ評判、そして藤枝勲社長について調べてみました。

引越革命に入社を検討されている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

引越革命の概要

 

引越革命は2000年12月に設立された会社で、主に引越サービスを提供しています。

大阪府東大阪市に本社があり、埼玉に関東支店、神奈川に神奈川支店を持ち、関西と関東を中心にサービスを展開しているようです。

引越革命では「ラク越」をメインサービスに、他にもトラック便のチャーターサービス「By Todday」、宅配便で預け入れができる収納サービス「MONOLESS」を展開しています。

 

さらに、留学生や在日外国人に向けて「SmartTime Moving」という引越・物運びサービスも用意しています。

現時点では中国、韓国、ベトナム、アメリカの4ヶ国に対応しているようです。

 

現在の代表取締役は藤枝勲社長ですが、どのような人物なのでしょうか?

藤枝勲社長の経歴や引越革命が現在のサービスを構築した経由についてご紹介していきます。

 

引越革命の社長は?

 

藤枝勲社長の経歴

 

藤枝勲社長は法政大学出身で、かつては外資系損害保険会社に勤務していました。

傷害保険会社に勤務していた時はダイレクトマーケティングを担当していたそうです。

ダイレクトマーケティングとは、外部の流通手段を用いずにターゲットとなる消費者と直接コミュニケーションを交わす手法を指します。

藤枝勲社長は保険比較サイトの運用に従事していたようで、その経験からコンテンツマネジメントやWebマーケティングの知識を学びました。

その経験を活かして日本で初めてWeb広告ツールの開発メーカーを立ち上げました。

その後は広告営業の経験を重ね、引越革命の代表取締役就任に至ったそうです。

 

藤枝勲社長の考え

 

藤枝勲社長は断捨離はシンプルな生活も物を持たず、捨てることが目的ではないと考えています。

それよりも「大切な何かを選びとる」ことが重要な目的だそうです。

ITは様々な情報を取得でき、必要な情報や決断する際の手段として有効です。

藤枝勲社長は引越サービスの伝統や歴史を大切にしつつ、ITを上手に活用した「生活のサポート」を引越革命で創造したいと考えています。

元々藤枝勲社長はコンテンツマネジメントやWebマーケティングの知識と経験を持っており、ITと引越業界の可能性にいち早く気付いたのでしょう。

従来の引越は業者に依頼し、訪問見積もりをとってもらい、契約書を交わし、引越という流れとなり、依頼から実行まで時間がかかります。

その点、引越革命は訪問見積もりの過程を省くことで、スムーズでコストを押さえた引越サービスをITで実現しました。

引越革命が設立された当時は従来と同じく訪問営業のスタイルを行っていました。

しかし、Webマーケティングを導入したことをきっかけに、通販型の引越サービスの実現に向けて動き出します。

2004年に独自で見積と受注を組み合わせたシステムを開発し、業界初の特許出願をします。

さらに2013年に見込み客の管理、見積、契約、配車、当日の運行管理をトータル管理するクラウドシステムを構築し、現在のサービスの基盤を築きました。

通販スタイルの引越サービスという発想はIT事情に詳しい藤枝勲社長でなければ実現しなかったかもしれません。

 

前職は引越業界と無関係だった藤枝勲社長ですが、なぜ引越業界に着目したのかは定かではありません。

創業メンバーの竹村圭司氏(現副社長及び事業統括本部長)がサービスドライバーの経験があるようなので、その影響が考えられます。

引越革命の口コミ・評判を検証

 

ここまでは、引越革命の会社概要や社長の経歴・考え方についてご紹介してきましたが、実際に引越革命で働いている人は、藤枝勲社長という人物をどのように見ているのでしょうか?

しかし、藤枝勲社長に関しての評判や口コミを探してみましたが見つからなかったため、引越革命の評判や口コミから社長が作り上げた職場環境はどのようになっているのか、考察していきます。

 

 

短時間勤務もあるので、子供がいる場合はそういう働き方を選ぶ事もできるデスクワークなので体力も必要ない

 

女性は結婚や育児によって、今までの働き方を見直す人もいます。

引越革命では、それぞれの都合に合わせたシフトに変更できたり、短時間勤務を選べたりできる部分が、女性社員から好評だということがこの口コミで分かりました。

また、働きたいという気持ちがあっても体力に自信がない場合、体力が必要となる引越し作業がとても難しい仕事になってしまいます。

しかし、デスクワークという選択肢を設けているという部分で、自由な働き方ができるだけでなく、働きやすい環境作りがされていると解釈できるのではないでしょうか。

1ヶ月ごとにシフトが出るので、先々の予定がたてやすいまた勤務時間もきっちり決まっており、それよりも遅くなる事はあまりない

この口コミから、社員のプライベートな時間が確保できるように、きちんとしたシフト管理がされていることが分かり、勤務時間外の残業が少ないということが分かります。

シフト勤務の場合、予定通りにならないこともあるため、シフト制の仕事を離れる方もいるようですが、引越革命ではそのようなことが少なく、予定が立てやすくなるように配慮されているため、働きやすいと感じている社員がいるようです。

 

契約がとれるか、とれないか自分の仕事の成果が分かりやすく、モチベーションを保ちやすい

 

営業担当者からの口コミですが、やはり契約が取れるかどうかが自身のやりがいにつながるのはもちろんですが、その成果が分かりやすくなっているのがモチベーションの維持にも関連してくるようです。

その成果も分かりやすく正当に評価してくれると、今以上に目的意識を高められるため、その部分が大きく評価されているのではないでしょうか。

元々営業で入社しましたが、今は営業を支えるサポートだったり、新しい事業開拓の営業であったり、人事に関わる仕事に携わっています。枠にとらわれない仕事でマニュアルなどはないですが自分で考えて行動ができます。営業は社内で行いますしノルマもなく頑張りを評価する体制なので女性でも主婦の方でも活躍できると思います。

 

この口コミから、入社時は営業担当であっても、社員の能力や希望であらゆる仕事を行えるようになっていることが分かります。

また、企業によってはノルマ制度を設けていて、達成できない時に厳しい処分を下す場合もありますが、引越革命ではこのようなノルマ制度を撤廃し、その社員の頑張りを正当に評価してくれる体制が整っているようです。

ノルマ制度は、社員のやる気を引き出すために重要だと考える企業もあるでしょう。

しかし、これによって見えない負担が社員にかかっている場合もあります。

そのような制度がないというだけでも、多くの人材が引越革命で働きたいと感じることでしょう。

仕事に慣れるまではベテランの先輩と一緒に現場に出れる。会社での研修は無いが、一つ一つ作業のやり方を教えてもらえる。人によってやり方が違うのはあるが、色んな事を学べるので、やる気次第で早く作業を覚える事ができる。

 

会社の教育や研修に対して、このような口コミがありました。

初めての場合でも安心して働けるように、きちんと作業をしながら教えてもらえるのがこの会社の良さだと感じているようです。

また、引越し作業は研修では学びきれない部分もあるため、実際に先輩からレクチャーしてもらえるのが最も良いということが分かります。

口コミ評判検証まとめ

 

引越革命の会社概要や社長である藤枝勲氏について、まとめてみましたがいかがでしたか?

口コミや評判に関しては、社長に関する記載はなかったものの、女性でも働きやすい職場作りがされていることが分かりました。

引越革命はその名の通り、引越し業界に革命を起こすような新しいスタイルを取り入れています。

見積もりを簡単にWEBサイトや電話で完了できるラク越や、タクシー感覚でトラックを利用できるトラック便チャーターサービスのBy Todey、使わない時は荷物を預けられるMONOLESSなど、引越し以外にも利用できるプランを取り揃えています。

他の企業と比べると、自由な選択肢から自分に合ったプランや利用ができるため、大きな差別化が図れるでしょう。

これは、社長である藤枝勲氏が「シンプルでスマートな生活のお手伝い」をテーマとしているからだと考えられます。

このような部分が現代ととてもマッチしているため、注目されているのでしょう。

引越し業界に大きな旋風を起こしている引越革命は、今後もますます注目されると予測できます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。