橋本稔子

橋本稔子とエルフエージェンシーを調査!日大の広告を担う会社。

本日は橋本稔子さんについて調査してみました。橋本稔子さんはエルフエージェンシーの代表取締役を務めています。

また、そのエルフエージェンシーは日大の広告を担当している会社であり、日大の受験者数の増加を影で支えている企業です。

日大は例のアメフトの件があってから、かなりメディアに叩かれ、色々な有名人に叩かれ…散々なことになっています。

もう卒業生や在校生も「いつまで続くんだろう」という気で見ていると思います。

最近はメディアも静かになってきましたね。

問題になっていた子もアメフト部に復帰するみたいなので良かったです。

さて、話は戻りまして、この橋本稔子さんがどのような経緯で日大と取引をして、どのような広告を展開してきたのか、調べてみました。

 

スポーツ日大のイメージを創り上げた人?

橋本稔子

私が注目したいのは日大のキャッチフレーズです。

ずばり「スポーツ日大 頑張れ!」です。

私は野球大好きですので、よくスポーツ新聞やテレビを見ているのですが、球場にも日大の看板はありましたし、スポーツ報知にも広告が出ていました。

それを見返して見ると、上記のキャッチフレーズが記載されていました。

このキャッチフレーズも橋本稔子さんが主導して日大の広報部と一緒に決めたものだと思われます。

また、スポーツ報知では、ジャイアンツの選手が活躍した記事に「日大の…」とか「日大出身であり…」なんてことが書かれている印象があります。

日大OBでジャイアンツで活躍している方は長野選手、村田選手、戸根選手などがいますので、そういった選手が活躍していると日大という文字が入ってくることが多いよな気がします。

記事を見る度に「これ日大入りたいって思う人いるだろうな~」なんて思っていたのですが、それを意図的に広告戦略として推進しているなら、すごいです。

このあたり、橋本稔子さんがジャイアンツやメディアとのリレーションがあるということなのかもしれません。

また、中日の京田選手が広告と一緒に写真に写っているものもあり、ジャイアンツ以外の球団の日大出身選手とも関係をもっているようです。

ちなみに、日大はジャイアンツのオフィシャルスポンサーだったと思います。

 

日本大学のイベントにも関与

橋本稔子

スポーツニッポンでは、日本大学が読売テレビ系報道番組の「ウォークアップ!プラス」とコラボした創立130周年記念シンポジウムを開催するという記事(広告)がありましたね。

厚生労働大臣の加藤勝信氏や、医学部の教授を招いてシンポジウムが開かれたようです。制作協力には「エルフエージェンシー」という名前がありましたので、イベントの企画や広報なども担当していたのではないかと思われます。

危機管理学部、スポーツ科学部の広告もちらほらみかけるようになりましたが、この2個の学部の広告も橋本さんが企画したものかもしれません。

 

橋本稔子の人物分析まとめ

橋本稔子

さて、日大との関係性から「橋本稔子」という人物について見てきましたが、スポーツ日大のイメージを影で支えている人だということが何となく見えてきました。

ジャイアンツとのスポンサー契約や、各紙での日大出身アピールが戦略的に行われているとして、それを企画して実行しているのが橋本稔子さんということになります。

あまり外部のメディアに出ている人ではありませんが、影の実力者と言っても良いのではないでしょうか。

今後も橋本稔子さんが日大にどのような影響を及ぼしていくのか、目が離せませんね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。