森谷祐二

森谷式翻訳術を生み出した森谷祐二って一体何者?

自由な働き方を求める人の間で「翻訳業」が注目されています。
翻訳は自分のペースで、場所にとらわれずに稼げるということから人気のある副業の1つです。
そんな翻訳業に活かせるスキルを短期間で習得できる「森谷式翻訳術」というカリキュラムがあります。
森谷式翻訳術とは、森谷祐二さんが考案した新しい翻訳術です。
この翻訳術を生み出した森谷祐二さんとは一体どのような人物なのか、今回は人物像に迫りつつ森谷式翻訳術の特徴や学べるスクールについてご紹介します。

森谷祐二さんは何者なのか?

まずは森谷祐二さんがそもそも何者なのかをご紹介していきましょう。
森谷祐二さんは、1969年4月生まれで現在アメリカに在住している翻訳者です。
現在は翻訳者のプロとして活躍していますが、実は昔から翻訳者だったわけではありません。
彼は翻訳者になる前に会社員として一般企業に勤めていました。

しかし、過労によって体を壊してしまい、生死をさまようほどの危険な状態にまで陥ってしまいます。
この時、初めて生死の境を行き来したことで、今までとこれからの働き方について見直すようになり、これからは自分の好きなことを好きなだけ、自由に仕事をしていきたいと考えるようになったそうです。

当時、森谷祐二さんは英語を使って仕事をしていきたいと考え、すぐに翻訳スクールへ通い出します。
翻訳スクールに通えば英語の実力を磨きつつ、翻訳業のスキルも身につくと考えたからです。
しかし、結果的には長い間芽が出ず、翻訳業もなかなかうまくいきませんでした。
成果が出なかった時期に諦めようとさえ考えてしまいますが、ある時自分には翻訳者として欠けていた問題点を発見します。
問題を解消してから翻訳会社の試験を受けてみたところ合格し、わずか3ヶ月間で100万円の月収を達成するようになったのです。

ここから森谷祐二さんは翻訳者としての道を本格的にスタートさせます。
現在は翻訳業に加えて自身の翻訳術を学べるスクールの代表講師も務めています。
自分の経験を活かし、より多くの人が翻訳活動を始められるように尽力しているのです。

森谷祐二

森谷祐二さんの気になる年収はいくら?

月収100万円に達したことがある森谷祐二さんの年収もどれくらいなのか気になるところです。
森谷祐二さんの年収は約1,000万円と推測されています。
ただし、これはあくまでも翻訳業による推定年収です。
スクールの代表講師も務めているため、そちらの収入も含めればもしかすると1,000万円以上の年収を稼げている可能性も考えられるでしょう。

森谷祐二さんの翻訳に対する考え方

森谷祐二さんは翻訳に対して1つの考えを軸に持っています。
それは、現地の表現に合わせないといけないという考え方です。
例えば英語を日本語に直した時、直訳すぎて言葉がストレートになってしまうことがあります。
また、同じ言葉でも状況や伝える人との関係性によっても言葉のニュアンスは変わってしまうものです。
このように、ただ翻訳するだけでは十分とは言えず、「どんな人がこの文章を読むのか」としっかり理解した上で翻訳しなければいけないと考えているのです。
森谷祐二さんの考え方は、後にご紹介する「トランスクリエーション」とも深く関連しています。

■森谷式翻訳術はどんな翻訳術なのか?

森谷祐二さんが作り出した森谷式翻訳術とは、どのような翻訳術なのでしょうか?
森谷式翻訳術は翻訳スキルを学ぶカリキュラムの中でも素早くスキルを身につけられ、翻訳者デビューを果たせるようになっています。
翻訳するためには外国語のスキル以外にも適切な文章に訳すスキルも必要ですが、森谷式翻訳術なら約3ヶ月で習得可能です。

これほど早く習得できるのは「トランスクリエーション」が影響しています。
トランスクリエーションとは翻訳と創造を組み合わせて作られた造語です。
翻訳にトランスクリエーションを取り入れることで、クリエイティブな要素を強めた翻訳につながります。

つまり、直訳よりも実際に読む人に効果的な文章を生み出せるようになるのです。
森谷式翻訳術ではこのトランスクリエーションを取り入れた翻訳術が学べるようになっています。

森谷祐二

森谷式翻訳術は「森谷式翻訳カレッジ」で学べる!

森谷式翻訳術を学ぶためには、専用のスクールに通う必要があります。
そのスクールとは、株式会社トランスクリエイターズが運営する「森谷式翻訳カレッジ」です。
森谷式翻訳カレッジでは森谷祐二さんを中心に第一線で活躍している翻訳者が指導してくれます。
オンラインスクールとなっているため、都市部でなくても翻訳術を学べるのは嬉しいポイントです。

さらに、スクールを卒業した後はキャリアサポートも受けられるようになっています。
森谷式翻訳カレッジにはいくつかコースが存在しており、自分に合ったコースを選択できます。

・通常コース(6ヶ月)
・マンツーマンコース(6ヶ月)

通常コースとマンツーマンコースは受講期間が同じですが、マンツーマンコースは講師と1対1で学べる環境となっているため、よりしっかりと学べるでしょう。

口コミ・評判も調査してみた

森谷式翻訳術は短期間で翻訳者になるための知識とノウハウが詰まったカリキュラムであり、これから多くの人気翻訳者を輩出していくのではないかと予想されています。
しかし、中には翻訳について初めて勉強するため、不安に感じている方も多いでしょう。
そこで実際に森谷式翻訳術を学んだ人の口コミ・評判を探してみました。

前職は誰もが認めるブラック企業で働いていましたが、その労働環境と比べたら、仕事がとても緩く、むしろ楽しく思えるほどです。

実際、ブログ記事やYouTube動画などの翻訳や字幕を作成するときは、誰よりも早くその内容を楽しめるので、強がりとかではなく本当に仕事が楽しいです!

そんなに楽しいならやってみたいけど、本当に翻訳者になれるの?

ってな感じの質問を、リアル知人から受けることもありますが、それは本人の努力次第だと思います。

私自身、とくに英語が得意とかではなく、トランスクリエーションを学べたことと、シンプルにやる気だけはあったので何とかなっていますからね。

今では月曜の朝もスッキリと迎えられますし、毎日仕事したって全くストレスを感じないでしょう!

私みたいに自由な働き方を目指したい方は、少しのやる気と飛び込む勇気さえあれば、きっと稼げるようになると思いますよ!
引用元:https://www.alfaquarium.com/#i-17

森谷式翻訳術を学び、自由な働き方ができている方が多く見られました。
翻訳者というと本の内容を翻訳していくイメージを持つ方も多いですが、近年はブログ記事やYouTubeの動画にも翻訳を付ける仕事もあります。
仕事も多く、何より自由度も高いという点は大きなメリットと言えるでしょう。

デビューして稼ぎながら学べるのが森谷式翻訳術の長所。
正直、私のように本業が忙しい者には稼ぎ始めるのに何年も勉強するなんて余裕はない。
その点、森谷式翻訳術は稼ぎながら更に上を目指せるのが良いところ。
私のようなシニアでもここまでなれるのはすごいと思う。
引用元:https://www.britishkodalyacademy.org/english-teaching-materials/moriya-style-translation/#i-19

副業で始めたい場合、なるべく早く稼ぎたいと思うのが本音でしょう。
しかし、ある程度スキルを磨かなければ稼ぐまでに至らないという副業も中にはあります。
森谷式翻訳術なら数ヶ月で学んだ後も、仕事をもらって稼ぎつつ勉強にもつながるのでおすすめです。

森谷祐二

まとめ

今回は森谷式翻訳術を生み出した森谷祐二さんについてご紹介してきました。
森谷祐二さんは過去に会社員として働いていたものの、自由な働き方に憧れて翻訳者の道を歩み始めます。
最初は苦悩することも多かったものの、現在は年収が1,000万円に到達するほどの売れっ子翻訳者です。
そんな森谷祐二さんの翻訳術を「森谷式翻訳カレッジ」で学べます。
これから翻訳者になって自由な働き方がしたい方は、森谷式翻訳カレッジへの受講を検討してみましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。