• HOME
  • ブログ
  • 企業特集
  • リヴトラストは怪しい?迷惑電話の真相とリヴグループの実態を調査【口コミ評判も掲載中】

リヴトラストは怪しい?迷惑電話の真相とリヴグループの実態を調査【口コミ評判も掲載中】

株式会社リヴトラスト(リブトラスト)は、不動産投資などを手掛ける総合不動産会社です。

「リヴトラスト」をネット検索すると「怪しい電話かかってくる」「営業電話がしつこい」などの口コミ評判を多く見かけます。

不動産業界では、サービスを紹介するために電話で営業活動を行うこともあるため、突然かかってきた営業電話を怪訝に思った方もいるかもしれません。
しかしながら、リヴトラストは信用できる企業なのでしょうか?

会社概要や事業の内容、同社が属する「リヴ」グループの実態を調査してみました。

営業電話が怪しい?その内容とは

リヴグループ内の中核会社である、リヴトラスト。しかし、同社のことを詳しく知らなければ、突然かかってきた営業電話を「怪しい」と思ってしまうのも当然です。

実際にネット上の口コミ評判を調べると、快く思っていない人も多いようです。

リブトラストだかリヴトラストだかの電話が鬱陶しい。仕事中に電話かけて来ないでほしい。

リヴトラストって会社から、うちの父親宛にやたら電話がくるんだけど。なんの会社なの?しつこい。

最近、リヴトラストってとこから会社の代表電話にめちゃくちゃマンション投資の営業電話かかってくる。

リヴトラストとかいう会社から怪しい営業電話。非通知着信に出てしまったのが間違いだった。

じつは、リヴトラストに限らず、不動産業界ではサービスや商品の販売方法として「電話営業」というスタイルがスタンダード。

リヴトラストからの電話の内容は、不動産投資やマンション経営に関するものです。

実際にリヴトラストからの電話に出て話を聞いてみた人の口コミ評判

不動産に関する知識がほとんどなかったため、最初に営業電話が来たときは胡散臭いというイメージを持ってしまっていました。
でも担当営業さんは丁寧に教えてくれて、その対応から誠実さが伝わってきました。
(引用元:ジョブアピ

自分はどんな営業電話でもとりあえず聞いてみるスタイルなのですが、リヴトラストの人は具体的なデータを用いた説明や、メリットと同時にデメリットも説明してくれたことから非常に信頼できると思いました。論理的に話ができて久しぶりに良い営業に出会えました。
(引用元:ジョブアピ

リヴトラストでは投資のメリットだけでなく、デメリットまでをしっかりと説明するという真摯な営業姿勢で行っているようです。

もし不動産投資に興味があるならば、一度じっくりと話を聞いてみるのも良いかもしれません。

しつこい営業電話の対処方法とは

営業電話の断り方

電話という営業スタイルがスタンダートである不動産業界。しかし、不動産投資にまったく興味がないとしたら、迷惑でしかないのは確かです。

正しい営業電話の断り方

電話相手に自分の電話番号が知られているということは、サービスや商品について接触する機会があったはずです。
しかし、本当に全く興味がないのであれば、「結構です」「投資の予定はない」と、毅然とした口調できっぱりと断りましょう。

NGな断り方

しないほうが良い断り方としては「忙しい」「時間がない」「今は興味がない」など、その場しのぎの対応です。

この場合、「今は購入してくれなくてもいつかは購入するかもしれない」と相手側が受け取る可能性があります。
また、着信拒否などをしても、こちらが電話に出るまで別の電話番号からかかってくるケースも。

しつこい迷惑電話には相手に「自分が購入する可能性は一切ない」ということを伝えることが重要です。

「リヴトラスト」はどんな企業?

リヴトラストのロゴ

 

株式会社リヴトラストは、18社が属する「リヴグループ」のなかの1社。
業務内容は以下となります。

【業務内容】
1.不動産の売買、賃貸及びその仲介
2.損害保険の代理店業務
3.生命保険の募集に関する業務
4.前各号に付帯する一切の業務

【リヴトラストの特徴】
リヴトラストのメイン事業といえるのが、オリジナルのマンションブランド「リヴシティ」などの不動産投資用の区分マンションの販売です。
また、マンションを購入したオーナーに対して、賃貸業務や物件管理、資産運用などの各種サポートを提供。
オーナーの資金や税金といった資産運用やライフプランにもきめ細やかなコンサルティングサービスを実施しています。

会社概要

リヴトラスト会社概要を見てみましょう。

社名 株式会社リヴトラスト
設立 2007年9月
代表 杉本一也氏
所在 〒106-0032
東京都港区六本木7丁目18-18
住友不動産六本木通ビル10F
事業内容 1.不動産の売買、賃貸及びその仲介
2.損害保険の代理店業務
3.生命保険の募集に関する業務
4.前各号に付帯する一切の業務
加盟団体 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会、公益社団法人 東京都宅地建物取引業協会、住宅産業信用保証(株)
グループ会社 株式会社リヴシステム、株式会社リヴビルディング、株式会社リヴインターナショナル、株式会社リヴサービス、株式会社Lankuuno、有限会社アン・インプレッション

 

リヴグループのSDGs達成への取り組み

リヴトラストが属するリヴグループでは、SDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標のこと。

2030年までの達成を目指す17つの国際目標が掲げられています。
同社では、つぎの6つのテーマに取り組んでいます。

目標3 :すべての人に健康と福祉を
取り組み:社員の家族に向けた感謝祭、社員の子どもの進学手当、当社独自の出産手当

目標4 :質の高い教育をみんなに
取り組み:専門部署や資格取得応援制度を設けた質の高い教育制度

目標5 :ジェンダー平等を実現しよう
取り組み:女性が働きやすい環境づくりを目指します

目標10 :人や国の不平等をなくそう
取り組み:発展途上国への国際貢献と積極的な外国籍の方の雇用

目標12 :つくる責任 つかう責任
目標15 :陸の豊かさも守ろう
取り組み:徹底的なペーパーレス化で資源削減

いずれも、ターゲットの制定や達成するための具体的な取り組みを実施しています。

リヴグループにおけるSDGsへの取り組みについての最新情報はこちら
https://www.liv-group.co.jp/sdgs/

 

リヴトラストを活用する投資家たちの口コミ評判


不労所得を得られる不動産投資ですが、大きな買い物である不動産を購入するのにためらう人もいるでしょう。
そこで、実際にリヴトラストのサポートを受けて不動産投資を行っている人の口コミや評判をご紹介します。

最初に買った時の家賃からあまり下がらないし、家賃保証にしているので空室になっても家賃は支払われている。13年経っているが、迷惑をかけられたことが一度もないことを評価している。マンションの大型改修工事の時もこちらの負担は1円も支払う事はなかった。悪い感想はクーラーが壊れた時にクーラー代を負担したが、7万円と高かった。もっと安くやってほしかった。
引用元:https://mikata.top/toushi/reviewers/340

不動産投資のデメリットでもある空室リスクから逃れられるのはありがたいでしょう。
修理費などに関しては交渉の余地があったのかもしれません。

この歳になるまでまとまった資産も作れず、「このまま仕事をリタイアしたらどうなるんだろう」と不安でした。大きく儲けるのではなく、長期でコツコツと運用していく不動産運用は、そんな自分にぴったりだと感じました。
引用元:https://www.liv-group.co.jp/lp2/

大きく稼ぐのではなく、着実に稼げる不動産投資は将来の資金を蓄える方法としてはピッタリでしょう。

購入以後も担当者とは定期的に会って話しをしたり、フォローアップを受けており、売ったらそれっきりということはない。
引用元:https://mikata.top/toushi/reviewers/28

不動産投資でポイントになるのが物件の維持管理です。
管理会社の中にはオーナー側からアクションを起こさないと対応してくれないようなところもありますが、リヴトラストはサポート体制が整っているため安心できます。

リヴトラストの社員・スタッフの口コミ評判

リヴトラストは不動産投資家にとって有益な企業であるようです。同社をさらに深く知るために、働く社員・スタッフの口コミをピックアップしました。

営業職なので、やはり結果がすべてな部分が強く、実力次第ではどんどん成長できる環境がある。
高額な歩合をいただいたとき、さらに頑張ろうというモチベーションが生まれた。

引用元:オープンワーク

やった分だけ評価される会社です。成果を上げた分が給与にも繋がるので、やりがいはとても感じることができるかと思います。

引用元:オープンワーク

リブトラストは、年齢や学歴、勤務年数などに左右されない「成果主義」の企業のようです。頑張れば頑張った分だけ、給与に反映される点がやりがいに繋がっているという声が多くありました。

最近では女性の働きやすさをアピールしている。なので、女性は働きやすいかもしれない。

引用元:オープンワーク

正直体育会系の女性でかなりストイックに物事に取り組むことができる体力のある人であったり、自分なりの取り組み方でかなり効率的に取り組むことができる人でないと厳しい面もある。
ただ、女性に対する福利厚生や優遇制度も大きく、そう言った面で働きやすい環境にある。

引用元:オープンワーク

不動産業界は全体的に体育会系のイメージが強いですが、同社は福利厚生が充実しているため、女性も働きやすい環境のようです。女性が活躍できる企業は「多様性」を意識しており、男女関係なく、ライフスタイルの変化に合わせて、長く勤めることができる会社といえるかもしれません。

リヴトラストの採用情報をチェック

オフィスで働く人
では、リヴトラストではどのような職種を募集しているのでしょうか?
最新(2022年10月時点)の採用情報をみてみましょう。

募集職種 リレーション営業(ライフアドバイザ―)
【仕事内容】
顧客と信頼関係を構築し、投資用ワンルームマンションのご提案や資産運用のサポートやコンサルティングを行う業務
基本給 月給300,000円
※基本給+職務手当+業務手当207,100円+固定残業代(60時間)92,900円
※固定残業代を超える労働を行った場合は、追加支給がございます。
※手当は一律支給です。
※試用期間あり
※固定残業制度あり■研修期間240,000円(研修期間2カ月、延長あり)
基本給150,400円+営業手当75,665円+業務手当5,175円+職務手当8,760円
諸手当 ■化粧品手当(一律3,000円)
■交通費全額支給
■資格手当(宅地建物取引士/月20,000円:管理業務主任者/月20,000円)
昇給 ■3カ月ごと実施 (4月・7月・10月・1月)
■各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
■都心にワンルームマンション完備 (20,000円補助あり)
■コンテスト旅行あり (ハワイ・グアムなど)
■ランチ補助
■都心のホテルでパーティー開催(2018年は六本木ヒルズクラブ、2017年は八芳園、2016年はリッツカールトンにてそれぞれ開催)
■部活動あり(野球・フットサル・ソフトボールなど)
■定期健診
■インフルエンザ予防接種等(全額会社負担)
■ベネフィット加入
■社内ゴルフコンペ(年2~3回) ※参加は任意
勤務地 本社(東京都港区六本木)
勤務時間 9:00-18:00(休憩1時間あり)
変形労働時間制(週平均40時間)
(みなし残業60時間あり(1日平均約3時間))
教育制度 OJT制度/営業部ごとの勉強会/ロールプレイング研修/ディスカッション形式の研修
研修制度 ■新卒研修(3カ月) ※2017年実績  ■外部研修(6カ月) ※2017年実績
■外部研修(3カ月) ※2018年実績  ■新卒研修(2カ月) ※2019年実績
自己啓発支援制度 ■新卒研修(3カ月) ※2017年実績  ■外部研修(6カ月) ※2017年実績
■外部研修(3カ月) ※2018年実績  ■新卒研修(2カ月) ※2019年実績

化粧品手当や家賃補助、コンテスト旅行やランチ補助など、福利厚生がとても充実している印象です。
また、研修や自己啓発などの制度も整っているため、新卒や業界未経験であっても、安心して勤務することができそうですね。

採用関連の公式SNSも運営

リヴトラストが属するリヴグループでは、採用関連のSNSを運営しています。
新卒の若手社員たちが同社の魅力を等身大で伝えているので、入社や転職を検討している方はチェックしてみると良いかもしれません。

Instagram https://www.instagram.com/livgroup_official/
TikTok https://www.tiktok.com/@livgroup.official.saiyo
Twitter https://twitter.com/_liv_group
採用サイト https://recruit.liv-group.co.jp

採用基準は?リヴトラストが求める人物像とは

給与も比較的高く、待遇・福利厚生が充実している同社。就職・転職先の候補の1つとして検討している方も多いはずです。では、どのような人物を求めているのでしょうか?

リヴトラストの代表取締役社長である杉本一也氏は「お客さまの期待に応えられるコミュニケーション力のある人材」「自分自身の成長に積極的に取り組める人材」を求めていると、求人サイトのインタビューで語っています。

学歴や年齢ではなく、「人間力」を重視している印象ですね。

不動産投資による調査で3冠を獲得

日本マーケティングリサーチ機構では、不動産投資におけるアンケート調査を実施しています。
対象となったのは不動産投資を主な事業内容とする上場企業です。
そこで2019年、リヴトラストは次の3つの部門で第1位を獲得しました。

◎知人におすすめしたい不動産投資
◎資産運用サポート満足度
◎ビジネスマンがおすすめするマンション経営

3冠を獲得したリヴトラストですが、驚くことに翌年の2020年にも獲得し、2年連続で3冠を達成しています。
同業他社が並みいる中、このような偉業を遂げたリヴトラストにはどのような魅力があるのでしょうか?

グループ企業全体でワンストップなサポートを提供

リヴグループでは、不動産開発から賃貸管理までそれぞれの役割を持った企業が揃っています。
いずれも各分野ではプロフェッショナルとして活躍する企業ばかりです。
それらの企業が連携を取り、不動産投資を行うオーナーをワンストップでサポートしています。

不労所得を目的とした不動産投資では、不動産の購入だけでは収入を得られません。

入居者探しや設備管理、トラブル対応や入退去時の手続きなど、細々とした業務が発生します。

本業がある中で煩雑な業務をこなすには手間も時間もかかるため、管理会社に委託することが多いですが、得意分野だけを取り扱っている管理会社ではすべてをまかないきれず、建物管理と賃貸管理を別々の管理会社に依頼しているオーナーもいます。

リヴグループでは分野ごとにグループ企業が存在するため、ワンストップで対応できるうえ、窓口を一本化しているので要件ごとに別の担当者に連絡するなどといったわずらわしさがありません。

このようなオーナーの立場に立ったサービスが整っていることが多くの支持を集める要因といえるでしょう。

リヴトラストが販売する物件例をチェック

リヴトラストが販売する、都市型オーナーズマンション「LivCity(リブシティ)」の物件例をみてみましょう。

リヴシティ浦和常盤壱番館
リヴシティ浦和常盤壱番館
■所在地/ 埼玉県さいたま市浦和区常盤5丁目128番1
■交通/ JR京浜東北線「北浦和」駅徒歩9分
■販売戸数/40戸

 

リヴシティ中野

リヴシティ中野

■所在地/ 東京都中野区中野二丁目
■交通/ 東京メトロ丸ノ内線「新中野」駅徒歩9分
JR中央線・総武線・東京メトロ東西線「中野」駅徒歩10分
■販売戸数/27戸

 

リヴシティ横浜東ベイサイド

リヴシティ横浜東ベイサイド

■所在地/ 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川二丁目
■交通/ 京浜急行本線「神奈川新町」駅徒歩6分
京浜急行本線「仲木戸」駅徒歩6分
JR京浜東北線・横浜線「東神奈川」駅徒歩7分
■販売戸数/53戸

いずれも人気エリアの駅近物件のため、不動産投資のデメリットである「空室リスク」は低いといえるかもしれません。

リヴグループに所属する企業とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投資にかかわる事案についてきめ細やかなサービスをワンストップで提供するというのは、不動産投資を行うオーナーにとって大きなポイントとなります。
不動産投資にかかわる事案は多岐にわたるため、企業規模が大きくないと難しいとされているからですが、リヴグループではグループ企業として分けることでそれを実現しました。
では、各分野で活躍するグループ企業についてみていきましょう。

株式会社リヴ

リヴグループの中心となる企業が株式会社リヴです。
不動産開発事業や不動産にかかわるコンサルティング事業、リノベーション事業や売買・仲介、損害保険代理業を展開しています。

株式会社リヴシステム

不動産の賃貸管理や建物の保守・メンテナンスを行うのが株式会社リヴシステムです。
オーナーのニーズに合わせ、賃貸借に関する業務を全面的にバックアップします。

株式会社リヴビルディング

マンションやビルの管理事業やプロパティマネジメント事業を行う株式会社リヴビルディングでは、建物の規模や特性に合わせた最適なサービスを提供しています。
高い資産価値を保つことで「快適で安心な生活」をバックアップします。

株式会社リヴインターナショナル

海外不動産に関するコンサルティング業務、海外不動産の売買・賃貸・仲介を行うのが株式会社リヴインターナショナルです。
グローバル化が進む不動産投資に対応すべく、リヴグループでは国内外を問わずサポートを行っています。

株式会社リヴサービス

リヴグループでは都市開発事業の一環として放課後等デイサービス事業や児童発達支援事業も展開しています。
株式会社リヴサービスでは、様々な特性を持つ子ども一人ひとりに合わせた専門的支援を実施し、子どもたちとその家族に寄り添ったサポートを行っています。

株式会社Lankuuno

児童発達支援事業と放課後等デイサービスといった、多機能型放課後等デイサービス事業を展開しているのが株式会社Lankuunoです。
子ども同士の遊びなど、楽しみながら学べる療育を通じて将来の自立を目指しています。

有限会社アン・インプレッション

児童発達支援事業や放課後等デイサービス、居宅介護支援事業を行うのが有限会社アン・インプレッションです。
未就学期の子どもの療育や、障がいのある小学生を対象とした療育施設や、中学・高校生を対象とした生活や仕事に必要なスキルを学べる施設を展開しています。

不動産投資のメリット・デメリットとは?

 

 

 

 

 

 

 

不動産投資を行うオーナーに対してワンストップでサポートを行うリヴグループですが、そもそも不動産投資とはどんな特徴があるのでしょうか?
不動産投資のメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

不労所得を目的とした不動産投資では、入居者がいる限り家賃収入が得られます。
副業として不動産投資を行えば本業とは別に収入を得られ、定年を迎えた際には、私的年金として安定した収入が期待できるのは大きなメリットです。
また、ローンを組んで投資用物件を購入する際は団体信用生命保険(団信)に加入します。
団信とは、加入者がローン返済中に死亡してしまった場合、残りのローンを保険から支払うという仕組みになっているため、もしものことがあっても家族に負担を強いる心配がありません。
投資には株式やFXといった方法もあり、収益面では優秀な方法ですが、ある程度の自己資金がなければならなかったり、手間や知識が必要だったり、安全面は保障されていないため、非常に高リスクといえるでしょう。
一方の不動産投資では、株式やFXには及ばないものの、安定した収益が見込め、リヴトラストのようなサポートを受ければ安全面も問題ありません。
物件購入にはローンも組めるため、少ない自己資金でも始めやすいという点もメリットといえるでしょう。

デメリット

安全で収益面も期待できる不動産投資ですが、どんな建物でも年数が経てば劣化が始まります。
設備に関しても劣化や破損が起こり始めるので、定期的なメンテナンスや修繕、機器の入れ替えなどを行う必要があります。
不動産投資で一番のデメリットとなるのが「空室リスク」です。
空室になるということはその分の家賃収入が途絶えるということになるため、高い入居率の維持が不動産投資のポイントになります。
積極的に入居者募集を行う、こまめなメンテナンスで物件としての魅力を保つといったことが重要です。
リヴトラストでは物件管理や賃貸管理もトータルにサポートしているのでデメリットを最小限に抑えることができるでしょう。

まとめ

今回は、不動産投資のトータルサポートを行うリヴトラストについてご紹介しました。
グループ企業全体でワンストップなサポートを実現したリヴトラストなら、不動産投資に関する知識がなくても安心して始められるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。