遠くを見る中川郁子

中川郁子(中川ゆうこ)|夫の想いを背負う女性議員の活躍が凄すぎた!

本日は、政治家として北海道で活躍する中川郁子(中川ゆうこ)さんについて詳しく紹介していきます。

あの有名な中川昭一さんとの関係中川郁子さん本人の経歴をたくさん紹介していきますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

 

1.中川郁子(中川ゆうこ)の経歴まとめ

本を読む女性

まずは中川郁子氏の経歴について詳しく見ていきましょう。

夫との結婚までの経歴
  • 1958年12月22日生まれ
  • 新潟県出身
  • 鹿島建設に勤めた岩田剛氏の娘
  • 聖心女子大学文学部の国語外国文学科卒業
  • 三菱商事出身(1981年に入社)
  • 日本興業銀行の行員だった中川昭一氏と結婚(1982年)し、三菱商事を退職

しかし、1983年1月9日には義父の中川一郎氏が急逝してしまいます。

1983年12月の衆議院議員総選挙で夫の昭一氏が初当選したことで、昭一氏の選挙区である北海道帯広市に住所を移します。

そして、2007年に特定非営利活動法人「ラ・テール」代表に就任し、環境問題に関する啓蒙活動を展開しました。

公私ともに順調でしたが、2009年8月、夫の昭一氏が第45回衆議院議員総選挙に落選し、同年10月に昭一氏が急死しております。

これまで帯広畜産大学で研究生として勉強していたため議員になるつもりはなかった郁子氏でしたが、夫との辛い別れを経験し、夫の一周忌を迎える頃、
政治運動家からの一押しもあって自身が公募に応募することを決めるのです。

夫の想いを継いで政治家として活躍する姿に多くの人の注目を集めました。

 

2.夫・中川昭一が歴任した役職がすごい

スーツ姿の男性,中川郁子

夫の昭一氏は政界で多くの活躍を見せていた人物です。

続いては中川昭一氏の歴任した役職をご紹介していきましょう。

政界入りを果たした1983年、昭一氏は第37回衆議院議員総選挙内でトップ当選し就任後は自由革新同友会に所属します。

清和会や亀井グループ、志帥会といったように農水系の保守派の議員として長らく歩んだ後、1989年についに農林水産政務次官に就任します。

そして1998年には農林水産大臣を務めることとなり、同年発足した小渕内閣で小渕第1次改造内閣まで農林水産大臣の役職を務めました

2003年には小泉再改造内閣で経済産業大臣にも就任しています。

この時は中国による東シナ海ガス田問題に対応し、帝国石油に試掘権を与えるといったことで中国には強い姿勢で交渉を行っていました。

経済産業大臣は2005年の10月までで、後に再度農林水産大臣に務めることになります。

小泉改革に貢献し大臣としてはメキシコやフィリピンとの自由貿易協定 (FTA) 締結という大きな成果もあげ、
小泉純一郎氏からは「昭一」とファーストネームで呼ばれるほど信頼されている国会議員でもあったのです。

2006年の自由民主党総裁選挙では、当時内閣官房長官だった安倍晋三氏を支持します。

安倍総裁誕生となったら昭一氏は同党政調会長に就任しました。

そして2007年には麻生内閣実現のために動いていました。

麻生氏は福田氏に勝利することができずに終わったものの、翌年福田康夫氏の辞意表明に伴い行われることとなった自由民主党総裁選挙で引き続き麻生太郎氏を支持します。

選挙の結果麻生氏が当選し、麻生内閣が誕生した後は財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融担当)に就任しました。

 

しかしながらその後の第45回衆議院議員総選挙では落選、そして急死してしまいます。

政界の多くの人物から信頼を寄せられていた昭一氏の告別式には安倍晋三氏、麻生太郎氏、鳩山由紀夫氏といったように多くの政界関係者も参列しました。

そして昭一氏が作った信頼と期待を背負って中川郁子氏が政界入りを果たします。

 

3.中川郁子の最近の活動は?

SNSのアイコンとノート,中川郁子

前衆議院議員の中川郁子氏は愛する北海道十勝に仕事で恩返しがしたいと思い、政治活動を行っています。

政権与党ではないとできない仕事があるとして、最近ではメルマガ年金制度改正法の4つのポイントを整理してわかりやすく伝えていたり
Instagram、Twitter、Facebook、YoutubeといったSNSでも行った活動を発信したりと幅広く活動しています。

特に更新頻度の高いTwitterでは様々な活動を確かめることができ、2020年8月28日に発表があった安倍総理の辞任表明後は、
Twitterで安倍総理のこれまでの活動に敬意を払う様子が見られました。

そして、そのツイートのコメントには、

といった言葉が寄せられ、中川郁子氏と昭一氏共に多くの人から支持されているのだなということが分かります。

 

4.中川郁子のこれまでの当選・落選情報

中川郁子のこれまでの当選・落選情報

最後に中川郁子氏のこれまでの当選と落選について触れていきます。

2011年、中川郁子氏は支部長に選出され、2012年の第46回衆議院議員総選挙で北海道11区から出馬し、
生前中であった昭一氏を破った人物である石川知裕氏に勝利し、初当選を果たします。そしてそのことがきっかけで政治の政界へと入ります。

2014年9月には農林水産大臣政務官に就任、
同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、民主党が擁立した元北海道議会議員の三津丈夫氏と、日本共産党の候補を破り再選を果たします。

その時の総選挙での街頭演説がこちらです。

そして2014年には再度、農林水産大臣政務官に就任し活動を続けてきました。

2017年の第48回衆議院議員総選挙では自民党公認のほか、公明党・新党大地・北海道農協政治連盟の推薦を得て出馬するも、
今度は石川知裕の妻である立憲民主党新人の石川香織氏に敗れ落選という結果に終わってしまいます。

しかし落選後でも自民党北海道第11区支部長として政治活動は今もなお続いています

 

5.中川郁子(中川ゆうこ)のまとめ

手を繋ぐカップル

夫である中川昭一氏の想いに応えるように活躍する郁子氏は素晴らしい政治家のように思えます。

SNSでは様々な政治活動を取り上げられ、7月20日には今は亡き昭一氏の誕生日を祝う姿も見られます。

夫婦の愛が作り上げた素晴らしい政治家中川郁子氏のこれからにもぜひ注目してみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。