社長

創業者平田修氏やトライグループの歴史についてご紹介!

トライグループは、家庭教師のトライや個別教室のトライ、トライ式高等学院、大人の家庭教師など様々な事業を展開しています。

そのため、トライグループが手掛けているサービスを利用している人もかなり多くなっているのです。

また、これから利用したいと思って検討している人もいるでしょう。

そこで今回は、トライグループのこれまでの歩みや残してきた実績、創業者である平田修氏についてご紹介していきます。

トライグループについて理解を深め、サービスの利用を前向きに考えたいと思っている人は、ぜひ目を通してみてください。

 

1:トライグループの成長の軌跡

 

成長

 

まずは、トライグループがこれまで歩んできた成長の軌跡から見ていきましょう。

 

沿革

1987年1月 家庭教師のトライを創業する。

1990年4月 株式会社トライグループを設立する。

1999年2月 家庭教師派遣事業の拠点を47都道府県に直営で展開する。

2000年4月 直営の1対1で個別指導を行う・個別教室のトライを開始する。

2001年4月 教育情報センターを開設する。

2004年3月 教育プランナーの担任制を取り入れる。

2005年11月 参考書や問題集専門のインターネット書店・トライeブックス(現 トライ書店)を開始する。

2008年2月 幼児向けの英語・フィットネス事業であるMy Gymを開始する。

2009年2月 大阪府と提携し、講師の派遣を開始する

2010年2月 通信制高等学校サポート校としてトライ式高等学院を開学する。

2011年3月 トライ式医学部合格、難関大合格コース、プロスポーツ家庭教師のトライを開始する

2012年7月 個別教室のトライの直営教室数が全国No.1を達成する。

2013年1月 資格・語学・趣味を学ぶ大人の家庭教師を開始する。

2014年5月 カンボジアに小学校を設立する。

7月 トライ式合宿を開始する。

2015年7月 0円で利用継続できる映像型授業・Try ITを開始する。

2017年7月 Myトライコースを開始する。

9月 プログラミング教室を開始する。

2019年8月 全国200以上の自治体や行政機関、学校などに学習支援事業を実施する。

 

これまでに生み出してきたサービスについて

トライグループはこれまでに魅力的なサービスをいくつも生み出してきました。

では、どのようなサービスがあるのかピックアップしてご紹介しましょう。

 

個別教室のトライ

個別教室のトライは、これまでに家庭教師のトライで培ってきたノウハウを取り入れ、マンツーマン教育にこだわっている学習塾です。

専任制を採用しているため、一人ひとりの苦手分野を的確に把握できます。

そのため、より効率的な成績アップを狙えるのでしょう。

また、AI学習診断を活用して教育プランナーが一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成します。

講師も最適な講師を選定してくれるので、勉強に対する苦手意識を少しでも払拭できるのではないかと考えられます。

自習スペースは無料開放されているため、予習や復習もしやすい環境だと言えるでしょう。

 

トライ式高等学院

トライ式高等学院は、通信制高校のサポート校です。

通信制高校のサポート校というのは、通信制高校に通う生徒のメンタルケアや学習相談、レポートの添削などを行います。

鹿島学園高等学校、日本航空高等学校、高松中央高等学校、ルネサンス高等学校、鹿島朝日高等学校と提携しています。

 

大人の家庭教師

大人の家庭教師は、新しい生涯教育の形を提案している事業です。

趣味やスポーツを楽しみたい人、資格を取得したい人、語学を身に付けたい人など幅広いニーズに応えられるような充実したラインナップを用意しています。

公務員や宅地建物取引士、日常英会話、看護学校、簿記、TOEICなどが人気です。

 

トライ式医学部合格

トライ式医学部合格は、予備校に通っていてもなかなか成績が上がらない、勉強のやり方を見直したい、このままで医学部に合格できるか不安を感じているといった人をサポートする事業です。

トライ式医学部合格の教師陣は、合格実績を多く持つ医学部受験専門のスペシャリストです。

進捗や時期に応じて必要なサポートも適宜行うので、医学部合格に向けて成績を上げていけるでしょう。

 

この他にもトライグループは様々な事業を展開し、成長を続けています。

今後もさらなる成長をするのではないかと期待できるでしょう。

 

2:トライグループの実績

 

教育

 

トライグループの取り組みは、メディアで取り上げられたり、賞を受賞したりと注目されています。

次は、これまでの実績をみていきましょう。

 

日経xTECH EXPO AWARD 2019で教育AI賞を受賞

トライ式AI学習診断の革新的な技術とコンセプトが認められ、日経xTECH EXPO AWARD 2019で教育AI賞を受賞しました。

トライ式学習診断を活用すると、これまでのおよそ10分の1の時間で正確な学力を把握することができます。

そして、一人ひとりの弱点を的確に判断できるため、学習支援の場で大いに役立つと考えられたのでしょう。

 

トライ式高校受験対策がメディアで取り上げられる

トライ式の高校受験対策は、勉強が苦手な生徒であっても志望校合格を最短距離で実現できるというものです。

志望校の出題傾向を分析し、学習計画を立てます。

そして、苦手分野や得意分野を考慮したオーダーメイドのカリキュラムで学習を進めていきます。

そうすることで、目標達成に向けて学力をアップできるのです。

他の学習塾でも志望校合格はできますが、オーダーメイドカリキュラムで的確な指導ができるという点が魅力的だと感じられ、メディアからも注目されているのでしょう。

 

2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSでCMがブロンズ賞を受賞

トライグループのCMは特徴的な内容を盛り込んだものが多くなっていて、注目度が高くなっています。

そんなトライグループのCMは、2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSでブロンズ賞を受賞しました。

ブロンズ賞を獲得したのは、「夏のラストトライ」、「おんじの隠し事 100日前」、「夏はトライの夏期講習~」、「地元トライさん 京都」、「地元トライさん 沖縄」となっています。

これらはどれも家庭教師のトライのCMです。

 

この他にもトライグループは、トライ式高等学院がメディアに取り上げられたり、サマースクールにトップアスリートが参加したりするなど様々な実績を残しています。

 

 

3:創業者である平田修氏について

 

社長

 

トライグループは、平田修氏によって創業されました。

最後に、創業者である平田修氏についてご紹介しましょう。

 

平田修氏は、日本の実業家の1人で、株式会社トライグループの創業者です。

1987年に富山大学トライを創業し、大学生の教育サークルとして大きな注目を集めることになりました。

そして、1990年4月に株式会社トライグループを創業することになります。

2000年には元女優の二谷友里恵氏と結婚します。

2005年には、トライグループの社長の座を二谷友里恵氏に譲りました。

 

4:まとめ

 

skills

 

トライグループは、創業以来様々な事業を展開してきました。

家庭教師のトライが代表的な事業ですが、その他にも家庭教師のトライで培ったノウハウを活かし、個別教室のトライやトライ式高等学院などを手掛けています。

 

学習塾だけではなく、参考書や問題集専門のインターネット書店・トライeブックス(現 トライ書店)を開店したり、幼児向けの英語・フィットネス事業・My Gymをスタートしたりするなど幅広い分野で事業を行っているのです。

さらにトライでは、大人が趣味を極めたり、資格を取得したりしたいと言った時に利用できる大人の家庭教師というサービスも提供しています。

 

そんなトライグループは、実業家として知られている平田修氏によって創業され、2005年からは平田修氏と再婚した二谷友里恵氏が実業家としての手腕を発揮し、大きく成長させています。

長い歴史や多くの実績を持つトライグループは、これまでに成績アップに関するノウハウを多く蓄えてきました。

そのため、高校受験や大学受験、資格取得などの目標に向けて的確な指導をしてもらえる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

AI学習診断を活用したり、教育プランナーがオーダーメイドカリキュラムを作成したりといった点は、トライグループならではの強みでもあります。

 

魅力的な環境が整っているので、トライグループが気になっているのであれば、利用を前向きに検討してみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。