ヘッドハンティングされる人物とは?トスワークを徹底解析!

ヘッドハンティングされ今よりも評判の良い会社へ好条件で働きたいと思っているなら、ぜひトスワークについて知っておきましょう。

トスワークでは、能力の高い人材を求める企業の依頼で、優秀な人材をスカウトする事業を行っています。

今回は、

  • スカウトの対象となる人材はどんな特徴があるか
  • 若手でもヘッドハンティングされるのか

以上をご紹介しましょう。

 

 

ヘッドハンティングされる人の共通点

年収に不満があったり、待遇に疑問があったりなど、今の職場に満足していない人は、一刻も早くより良い企業で仕事をしたいと思うはずです。

基本的に、転職サイトなどで「スカウト」枠で声がかかるかどうかは、転職したい人のステータス次第となるでしょう。

しかし、ヘッドハンティングは自分から転職市場に出ていない人で、今の職場に満足している人を引き抜く形になり、通常の転職とは形が違います。

ヘッドハンティングでは自分を高く売れる点が特徴で、ヘッドハンティングの対象となれるかどうかは、転職の意志ではなくヘッドハンターの目に留まるかどうかにかかってきます。

そして、評判の良いヘッドハンディング会社から声がかかる人には、共通する特徴があります。

スカウト対象となりたいなら、まずはヘッドハンティングされる人の特徴をチェックしておきましょう。

 

仕事に全力で取り組んでいる人

仕事に対して全力で臨んでいる人は、仕事をサボらずに報酬に値する、もしくは報酬以上の働き方をしています。

やればできる人ではなく、常にできる人が求められるのは、どの企業でも一緒でしょう。

仕事時間に集中して働いている、オンオフの切り替えが上手な人は仕事で結果を出しやすくヘッドハンティングされやすい人です。

 

外部の集まりに積極的に参加している人

社内に引きこもり外部の目に触れない人は、ヘッドハンターとも出会えません。

好奇心を持って異業種交流会に出たり、スキルアップの外部研修を受けたりなど、外部の集まりに参加している人は、クライアントやヘッドハンターなどの人脈ができやすくなります。

 

前向きで明るい人

働く環境、人間関係に不満を抱きがちな人は仕事を辞めるリスクが高い人と判断されます。

一緒に働きたいと思わせる、ポジティブさある人はヘッドハンティングされやすいと言えるでしょう。

 

 

トスワークの事業内容

トスワークは一般的な登録型の人材紹介とは異なる、サーチ型のスカウトサービス事業を行っている会社です。

転職を考える場合の様々な手法の中で、トスワークが声掛けをする対象者は年収1,000万円からが目安となる即戦力・高収益の人材となります。

トスワークのスカウト事業を転職市場から見てみると、どのような人材が対象となるか分かりやすいでしょう。

まず、人材派遣や転職雑誌・転職サイトに掲載される案件のほとんどは、年収300~500万円の案件です。
年収600万円の案件は人材紹介という形をとるケースが多くなります。

つまり、年収1,000万円からの求人案件は、通常の転職市場では探すことは困難です。

トスワークが扱う案件は年収1,000円からのレベルで、クライアント企業からの依頼に基づいて人材を探す手法となります。

通常の転職市場には出回らない高収益案件が揃うトスワークは、サーチ型スカウト事業として評判となっています。

 

スカウトの流れ

  1. 依頼を受ける
  2. ヒアリング
  3. 関連会社に依頼
  4. リサーチ
  5. 面談日決定
  6. 面談当日

 

 

トスワークの実績

トスワークでは、関係会社のレイノス株式会社からの依頼を受けてリサーチをし、対象者にコンタクトして多くのヘッドハンティング実績を残しています。

レイノス株式会社は、日本最大手のヘッドハンティング・スカウト企業として知られる会社です。

多くの経営者は、「才気あふれる人材」「事業を創出できる人材」の獲得という課題を抱えており、レイノス株式会社は企業と人材の架け橋となっています。

経営者が望む優秀な人材は、必ずしも自ら転職活動を行っているとは限りません。

むしろ、優秀だからこそ現在の職場で重責を担い、重用されている場合が多いでしょう。

そのため、トスワークは企業経営者のパートナーである株式会社レイノスと共に、潜在的にヘッドハンティングを望むハイクラスな人材と企業とをつなぐ事業を行っています。

トスワークのヘッドハンティング分野の業績をチェックしてみましょう。

 

建設・不動産業界

低金利が続く中で不動産投資が増加傾向のため、建設・不動産業界は業務拡大傾向です。

好調が続いている業界なので激しい競争を勝ち抜ける優秀な人材が求められています。

特に住宅業界では営業職・店長クラスのニーズが高くトスワークでも実績が出ています。

不動産業界については、宅地建物取引士資格を持っていることが必須スキルです。

 

卸売(商社含む)

商社の営業職はコミュニケーションスキルが必須となり、経済知識があり交渉能力が高い人材がトスワークでのスカウト対象となります。

 

小売業

スーパーやコンビニの出店拡大が続き、市場規模は拡大中です。

トスワークでは、幹部候補として事業拡大・生産性向上を両立できる人材や、店舗責任者としてのバイタリティーを持つ人材を中心に実績が出ています。

 

サービス業(広告含む)

苦戦を強いられている外食産業、婚姻数が減り低コスト化が進むブライダル産業など、サービス業の中でも明暗が分かれています。

トスワークでの実績としては、原状を打破できるパワーと発想力のある人材に白羽の矢が立っている状況です。

 

情報・通信業界

インターネット業界の採用意欲は旺盛です。

Webディレクター、デザイナー、広告運用など、どのポジションでも即戦力が求められており、トスワークでの実績となっています。

ソフトウェア業界では、プロジェクトマネージャーが不足状態です。

その他、トスワークでは「倉庫・運輸業界」「金融業界」「食品業界」「医薬品業界」「化学業界(化粧品含む)」「電機・自動車業界」「金属製品業界(部品)」などの事業分野でのヘッドハンティング実績を誇っています。

また、トスワークでは「経営(CEO・FCOなど)「管理(経理・財務・法務・人事)」「新規事業立ち上げ」などの事務部門分野での実績も持っています。

若手でもヘッドハンティングされる人材になるには

基本的にヘッドハンティングでは、今の会社での実績がありスキル・経験が豊富な人材が対象となることがほとんどです。

しかし、まだ職務経験の浅い若手でもヘッドハンティングされている人はいます。

今の職場で活躍しながらヘッドハンティングされることを狙うなら、若手でスカウトされた人の行動を参考にしてみましょう。

■英語力を磨く

英語力は外資系企業だけでなくグローバル化している日本企業でも求められる必須スキルです。

若手でスカウトされた人は、英語力を磨いています。

■人脈を築く

成長している業界・分野に身を置くと様々な経営者・大手企業の重要人物との人脈を築けます。

自分自身の身を置く場所を、成長している領域に置けるかが、若手でヘッドハンティングされるかを左右すると言って良いでしょう。

■チャンスにはオープンに

若手でヘッドハンティングされた人は、自分の働く力を信じているので会社に依存していません。

より魅力的なポジションがあれば常に動き、守りに入らず、チャンスに対してオープンです。

まとめ

ヘッドハンティングの声がかかることを狙うなら、まずは今の仕事でしっかり活躍することが重要です。
しかし、若手だからといってヘッドハンティングを諦める必要はありません。

英語力の向上や人脈作りを意識しながら、自分自身の価値を高めておくと、評判の良い好条件の企業からのスカウト・ヘッドハンティングが集まってきます。

ぜひ、記事を参考にヘッドハンティングされる人材を目指してみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。