谷口和則氏(谷口実業ホールディングス代表)のインタビュー記事を紹介│企業情報まとめ

谷口実業ホールディングスは東京都を拠点として、不動産や建築、飲食といった数多くの事業を展開しているグループ企業です。
今回は代表である谷口和則氏のインタビューをもとに、企業情報を詳しくご紹介したいと思います。
谷口実業ホールディングスに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

谷口実業ホールディングスの概要

株式会社谷口実業ホールディングスは、2021年7月に設立されました。事業内容ごとに5つのグループ企業があり、それらをまとめているのが谷口実業ホールディングスです。

会社概要

社名:株式会社谷口実業ホールディングス
代表取締役:谷口和則
創立:2021年7月
資本金:1,000万円
社員数:55名(連結)2022年6月現在
グループ会社:株式会社谷口実業、株式会社谷口ハウジング、株式会社谷口実業BC、株式会社TJ加工サービス、株式会社TJカンパニー

わずか3人で始めた小さな下請け会社は、現在創業27年、年商51億900万円(2021年)まで成長しました。一代で大きく躍進しているのが谷口実業ホールディングスの特徴です。

谷口和則氏とは?インタビュー内容を紹介

代表の谷口和則氏は、インタビューで企業に関する様々なことに答えています。その一部を引用してご紹介します。

―事業内容について教えてください。

当社には、5つのグループ会社があり、不動産の総合工事・建築・型枠・加工・販売から飲食店まで、多岐にわたる事業を展開しています。

【型枠工事業】株式会社谷口実業

鉄筋コンクリートで建物を建てる際に必要な型枠を組み立て、コンクリートを流し込み、成型する型枠工事を行っています。TJ加工サービスと連携することにより、作業の効率化やコストの削減を実現しています。

【不動産業】株式会社谷口ハウジング

土地活用や不動産仲介、管理などの不動産業を展開しています。一般住宅の設計・施工も行っており、オリジナルのデザイナーズ賃貸マンション「G’s GRAND」は品質やデザイン性にもこだわっています。

【建築工事業】株式会社谷口実業BC

集合住宅から個人宅まで、様々な建物の建築・設計・施工を手掛けています。1級建築士・1級施工管理技士・専門アドバイザーが在籍しており、施工に関するすべての工程をワンストップでご依頼いただけます。

【資材加工事業】株式会社TJ加工サービス

型枠資材やパネルなどの資材加工を行う会社です。パネル加工は建築の流れを熟知する大工が担当しています。

【飲食事業】 株式会社TJカンパニー

レストラン経営などの飲食事業を展開しています。焼肉や、しゃぶしゃぶのお店を運営していますが、肉の仕入れはもちろん、無農薬野菜、無機質野菜を使用するなど、食材の質にとことんこだわっています。

―飲食事業も展開されているのですね!

不動産関連事業でのノウハウや技術を生かし、こだわりのつまった空間デザインを施しています。2007年にオープンした「ZIN-GIS 環(TAMAKI)」は「大人の隠れ家」をコンセプトとした焼肉ダイニングで、「ここが焼肉屋?」と驚くようなお店を造りました。友人同士はもちろん、デートや接待にもご利用いただけます。北海道直送のジンギスカンや和牛を手頃な価格でお楽しみいただけるのも強みですね。また、アグー豚専門のしゃぶしゃぶ店「琉」を2022年にオープンしました。

―業務において大切にしていることはございますか?

私の根底にあるのは「お客様に喜んでもらいたい」という想いです。

商売は儲からないと価値がないからこそ、当社では、商売を持続させ、お客様の先のお客様まで喜びを届けられるように事業を作り込んでいます。

一瞬だけ一儲けしたり、自分たちだけが良い思いをしたりしても、意味がない。「谷口さんのところに情報を持っていけば、儲かる」と思ってもらえると、良い案件がくるようになると考えています。

これは、絶対に変えられない概念ですし、事業に関わるみんなで儲けようとすることが、お客様のためになると思っています。

また、「信用」も大切にしていますね。といいますのも、谷口実業は、私が23歳のとき、仲間3人で立ち上げた会社です。

創業当時、コネクションなどは一切ありませんでした。「谷口実業の仕事」を評価してもらうことが次の仕事につながる唯一の方法だったんです。

自分たちで責任の負えない仕事をやらないというのも責任だと思っていて、請け負う仕事すべてに強い責任感を持って仕事をしています。

―職場環境作りにおいて重視していることはございますか?

今は会社が100社あれば、10年後に存続している会社は20社にも満たない時代です。

「人材」がいなければ、事業は継続できません。ですので、長く勤めてもらえるような環境を整えることに注力しています。

具体的には、コミュニケーションを密にとっていますね。私自身、社員との距離が近いことは自慢に思っています。

昔から、社員に何かあれば、事の大きさや社員の性別に関わらず、何かあればその場でコミュニケーションをとったり、

飲みニケーションで即対応し、気軽に話せる環境づくりを行ってきたことが、今の雰囲気につながってると思います。

また、仕事とはいえ、同じことを繰り返しさせていると、飽きたり、嫌になったりすることは当たり前ですよね。

会社自体も拡大したり、成長したりと常に変化していくことが重要。だからこそ、新しい人材に入社してもらい、フレッシュな風を吹かせて、職場を循環させていくことが大切なのです。

若い社員に後輩を育てる充実感や喜びを感じて欲しいとも思っています。

また、役職に関係なく、風通しの良い会社を目指しています。社員が退職する際は食事に誘ったりと、じっくりと直接話を聞くこともあるのですが、そのせいか一度退職してから戻ってくる社員もいます。

辞めていくのは社員の自由ですが、他社を経験して戻ってきた社員はいろいろな面で非常に強いですね。

インタビューから、谷口氏がお客様の喜びと信頼を大切にしていることがわかりました。
また、風通しのいい会社を目指して社員との距離を近くしていくことにも力を入れているようです。
社長が社員の話をじっくり聞くこともあるそうで、社員から会社に対する信頼も強いのではないかと思います。

採用情報について

谷口実業ホールディングスでは各グループ会社にて人材を募集しています。大きな特徴は以下3つです。

  • 高卒を積極採用
    高卒の方を積極的に採用しているため、学歴に不安がある方も安心して応募することができます。
  • 若い社員も責任ある仕事を任せてもらえる
    責任ある仕事はある程度経験を積み役職に就いた人が任されるのが一般的です。
    しかし谷口実業ホールディングスでは若い社員でも機会があれば責任ある仕事を任せてもらえます。プレッシャーはありますがやりがいも大きく、経験を積むことでキャリア、人間力ともに成長していけるでしょう。
    上昇志向の強い人にぴったりの職場といえます。
  • 保養所、資格取得支援など福利厚生が充実
    代表の谷口氏はインタビューで「社員のみんなに喜んでもらえることをやっていこうという気持ち」が強いことを話しています。
    そのため福利厚生は充実しており、熱海市の温泉付き保養所、資格取得支援などが独自に存在します。
    保養所は5LDKの一戸建てで、半年前に予約を取らないと入れないくらい社内での利用率が高いそうです。バーベキューや花火なども楽しむことができ、熱海を満喫できるでしょう。
    評価に関しては本人記入の評価シートをもとに各部署のトップと相談をしながら、社長自らチェックしているようです。
    頑張れば頑張った分だけ正当に評価される仕組みは、仕事のモチベーションにもつながるでしょう。

まとめ

今回は谷口実業ホールディングスと谷口和則代表について、インタビュー記事をもとに紹介しました。

2021年7月に設立された谷口実業ホールディングスは、5つのグループ企業をまとめています。
代表を務める谷口氏はお客様に喜んでもらいたいという気持ちを根底に持ち、さらに信頼されることも大切にしています。
請け負う仕事にはすべて強い責任感を持って取り組むことで、コネクションが一切ない状態から現在まで成長を続けてきました。

お客様だけでなく社員のことも大切にしており、役職や性別を問わず直接コミュニケーションをとることもあります。
社員が働きやすい環境づくりに力を入れていることは、社員の評判につながっていることでしょう。

高卒の方を積極採用したり、若い社員にも責任ある仕事を任せたりなど成長のチャンスが多い企業でもあります。

詳しく知りたい方は公式ホームページもぜひご覧ください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。